SUPER STREET FIGHTER IV &AE & ULTRA Wiki

攻略

FAQ

上達関連

初心者講座



USF4

AC/CS共通

AC

CS



家庭用全般

SSF4(家庭用)



SSF4AE

Ver.2012

AC/CS共通

AC

CS・その他



3DS



Volt



PC版



その他

情報

アンケート

リンク



作業用テンプレート



外部サイト

その他リンク



Today -
Yesterday -
Total -

リュウ 起き攻め


屈強Kからの詐欺飛び

  • 屈強K>レバー上入れっぱなし前ジャンプ>各種J攻撃(J強Kが安定?)
とすることで、ほとんどのキャラに通じる4F詐欺飛びになる。
めくりを狙いたい場合は、ほんの少し歩いてからの空中竜巻旋風脚を出す。

ただしサガット・ブランカ・キャミィといった起き上がり速度が遅いキャラの場合は、飛び込むタイミングを調整しないと技がスカってしまう。
また、起き上がりが極端に速いアドンに対して行うとダッシュで下を潜られてしまったりするのでやらないこと。

3F発生の無敵技を持っているキャラに対しては、空中攻撃を出さずにガードしていれば、リバーサルを防げる(いわゆるスカし飛び、準詐欺飛びになる)ため
読み合いに持ち込める。

当然、J攻撃に屈強K・各種昇龍拳・強竜巻旋風脚・各種ウルコンなどを仕込むことで
相手のリバーサルを潰すのも有効。
狙いやすいので、詐欺仕込みはまずこれで練習しよう。

詐欺仕込み詳細解説

J強Kをガードさせた場合と空振りさせた場合の操作を受け付け始めるタイミングの差を利用し、
J強Kがガードされていた場合は何も出ないが、J強Kを空振りさせるような行動を取っていた場合はそれを潰す技が発生するように
上手いタイミングで技を入力するテクニック。

仕込む技を入力するタイミングは、「J強Kをガードさせる直後」「J強Kをキャンセルするような感覚」が目安。

主なJ強Kに仕込む技

  • 屈強K
    • リバサバクステや、一部の発生前に無敵が切れる技を潰せる。
    • 元々詐欺飛びできた技をガードすることができなくなる。

  • 強竜巻旋風脚
    • リバサバクステをかなり安定して潰せる。大きく後ろに退がるタイプのキャラにも通用しやすい。

  • 弱昇龍拳
    • 一部のリバーサル無敵技を潰せる。画面端ならバクステなどにも有効。
    • 持続当てすればそのまま滅波動拳などが確定してハイリターン。

  • 中昇龍拳
    • 一部のリバーサル無敵技を潰せる。
    • 弱昇龍拳より無敵時間が長いため、潰せる技が豊富。

  • EX昇龍拳
    • 無敵時間が非常に長いため、通常の無敵技なら大抵は潰せる。
    • 大きく横に伸びる性質のため、バクステにも引っ掛かりやすい。

  • 滅・波動拳
    • バクステや、一部の無敵技に対して手痛いダメージを与えられる。

  • 滅・昇龍拳
    • 一部の無敵技に対して手痛いダメージを与えられる。
    • バクステには空振りしやすい。画面端なら潰せる。

背負い投げからの起き攻め

その場から斜J中Kで飛び込めばめくりになる。が、見た目的にも内容的にもバレバレなのがネック。
そこで、微妙に後ろ歩きしてから飛び込もう。これで裏表の二択を迫ることができる。
後ろ歩きする距離を調整したり微妙に前進してみたりして、毎回飛び込む距離を微妙に変えよう。

昇龍拳等の無敵技を持つキャラには、J中KをJ弱Kにしてめくると昇龍拳が反対側に出て潰すorスカしを狙いやすい。
同様にJ中Kが当たるややスレスレの距離でめくると、相手のリバーサルをスカせる飛び込みになるので、これも重点的に使っていく。

この表裏二択に空J下段、空J投げ、空J昇龍拳(スカし下段、スカし投げ、スカし昇龍拳)を混ぜていく。

また、投げの後にバックダッシュ→前Jと入れ込むと、J強PorJ強Kとめくり強空中竜巻旋風脚で表裏の二択になる。
J強PとJ強Kは普通に昇龍拳等で返されてしまうが、めくり空中竜巻旋風脚は基本的に昇龍拳が反対側に出て潰せるので安全。
これの利点は、同じ軌道で飛んでくるので表裏の判断がしづらいのと、空中竜巻旋風脚でめくるのが比較的簡単である事。
めくり竜巻旋風脚がヒットした場合、かなり余裕をもったヒット確認からの真空波動拳が繋がる。
SCゲージが溜まっている時には積極的に狙っていこう。


巴投げからの起き攻め

巴投げ後に少し前歩きしたら、前Jからの表裏二択が非常に強力。
表-J強P
裏-J中K、J弱K、(斜J降り際に)空中竜巻旋風脚
前歩きする距離を微妙に変えることで、表裏の調節が可能。

なお、かなりシビアではあるものの、J強Pでのめくりも可能。
出した本人でもどちらか判らないものなので、非常に強力な上、当てた時のリターンも大きい。
安定は厳しいが、知っておいては損はない。

弱昇龍拳からの起き攻め

弱昇龍拳ヒット後は上いれっぱで準詐欺(J攻撃を出すと、相手がガードしていた場合は当たらず着地するが、3F技のリバーサルにもガードが間に合う)になる。
少し遅らせれば普通の詐欺飛びも可能。

ただし、相手が最速で受身をとっていた場合限定。
解っている相手はディレイスタンディングを絡めてくるので安定はしない。

中or強昇龍拳

中・強昇龍拳ヒット後は受身を取られると有利Fが短いため、詐欺飛びは不可能。
分かっている相手に昇龍拳>上いれっぱなんてすると普通に対空されるので注意。

距離は近いので、地上から各種連係に繋げていくのが基本。

中or強竜巻旋風脚からの起き攻め

受身を取られると詐欺飛びは不可能。

相手が目の前で起き上がるので、硬直が切れると共に地上からの択攻めを迫るのが有効。

弱orEX竜巻旋風脚からの起き攻め

相手が大きく吹っ飛んでしまうため、相手に受身を取られると起き攻めはほぼ不可能。
一応、最速で強波動拳を出せばかなりいいタイミングで重ねられる。

画面端ならば相手が最速で受身を取っていた場合は上入れっぱなしで良い感じにめくり飛び込みができる。

EX波動拳からの起き攻め

EX波動拳ヒット後は、距離や、相手がディレイスタンディングを取るかどうかによって詐欺飛びできるかどうかが決まる。

相手が最速で受身を取る場合でも、零距離などEX波動拳が発生した直後にヒットした場合は上いれっぱしていても詐欺飛びにならない。

真空波動拳ヒット後の起き攻め

受身不能なので、追いかけてから安定して詐欺飛び可能。

弱竜巻で追いかけながら地味にゲージを回収し、詐欺飛びを仕掛けるのが理想。

滅・波動拳ヒット後の起き攻め

ヒット後に相手が大きく吹き飛んでしまうため、画面端以外では詐欺飛びはできない。

中央でヒットさせた場合は、その場で弱波動拳を撃つ事で相手の起き上がりにちょうど重なるので、
そこから「弱竜巻>(相手が波動拳ヒットorガード)>強波動拳」などと畳み掛けて相手の体力を削るのがセオリー。

ダルシムなど、立ち回りで優位に立ちにくいキャラに対しては強竜巻で追いかけ、地上からの攻めを継続させよう。

滅・昇龍拳からの起き攻め

ヒット後に上いれっぱで4F詐欺になる。2ゲージあるならすかし飛び昇竜セビステとあわせて択を仕掛けていきたい。


リュウのガー不


  • 真空波動拳後詐欺は体感で飛ぶしかないですか? -- (名無しさん) 2011-01-18 19:55:50
  • 体感で飛ぶしか無い。
    しかしウルコンやスパコンは受身が取れないのでちょっと練習すればすぐ出来るようになるよ -- (シュン) 2011-03-21 02:28:36
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る