※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

RunAt


ダウンロードページからダウンロードしてください。






特徴

  • 設定画面で設定したスケジュールに従って、コマンドを実行します。
  • 以下の2種類のスケジュールに対応しています。
    • 定時実行スケジュール → 指定した曜日や日付の、指定時刻にコマンドを実行
    • 定期実行スケジュール → 指定した曜日の指定時間帯に、定期的(30分毎など)にコマンドを実行
  • 定時実行スケジュール情報として、以下を指定できます。
    • タイトル
    • 有効/無効/実行後無効(1回だけ実行)
    • 実行時刻
    • 実行コマンド
    • 実行パラメータ
    • 実行対象曜日
    • 実行対象日付範囲
  • 定期実行スケジュール情報として、以下を指定できます。
    • タイトル
    • 有効/無効
    • 実行間隔
    • 有効時間帯
    • 実行コマンド
    • 実行パラメータ
    • 実行対象曜日
  • 個々のスケジュールの有効/無効とは別に、一時的に全スケジュールの実行を保留させることができます。
  • 実行するには .NET Compact Framework 2.0 のランタイムが必要です。
  • 設定画面を使用せずに直接実行することで、コマンドライン指定したスケジュール情報を登録できます。




実行イメージ









英語






アラームプログラム


Ver. 0.20には、アラームプログラムが付属しています。
アラームプログラムを実行するにはMortScript V4.1がインストールされている必要があります。
MortScriptについてはMortScriptスレの1氏による「MortScript まとめ&マニュアル要訳」が参考になります。

アラームプログラムを起動すると、音楽の再生とバイブレートが行われます。
また、アラーム解除またはスヌーズを選択するダイアログが表示されます。
  • 何も選択しないと、10秒後(変更可能)に自動的にアラーム解除(スヌーズに変更可能)が選択されます。
  • スヌーズを選択した場合、30秒後(変更可能)に再度本アラームプログラムが実行されます。



選択された動作を、ダイアログにて3秒間(変更可能)表示します。