センター試験 2015年度

このページのタグ: 2015年度 センター試験
2015年度センター試験まで、あと 116 日。


- 
目次

教科・科目

指導要領との関係

  • 数学・理科に関しては、新指導要領に対応した試験とする。
  • 数学・理科以外の教科・科目については、現行の教育課程に基づき出題する。

数学・理科の出題科目等

教科 グループ 出題科目(新課程科目) 時間 配点 科目選択方法
数学 「数学I」、『数学I・数学A』 60分 100点 左記2科目から1科目選択
「数学II」、『数学II・数学B』 60分 100点 左記2科目から1科目選択
理科 「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」 2科目で60分 2科目で100点 A:理科①から2科目選択
B:理科②から1科目選択
C:理科①から2科目および理科②から1科目選択
D:理科②から2科目選択
「物理」、「化学」、「生物」、「地学」 1科目60分 1科目100点
※数学②で「工業数理基礎」、「簿記・会計」、「情報関係基礎」を受講する場合は、別冊子の配布希望を出願時に登録する。
※理科①は試験時間60分で必ず2科目を選択解答する。その際、解答する科目の順序は問わない。また試験時間60分の配分は自由。

数学・理科の経過措置

教科 グループ 出題科目(旧課程科目) 時間 配点 科目選択方法
数学 「旧数学I」、『旧数学I・旧数学A』 60分 100点 新課程・旧課程合わせた4科目から1科目選択
『旧数学II・旧数学B』 60分 100点 新課程・旧課程合わせた3科目から1科目選択
理科 「理科総合A」、「理科総合B」、「物理I」、「化学I」、「生物I」、「地学I」 1科目60分
2科目120分
1科目100点
2科目200点
左記6科目から最大2科目を選択
※新課程履修者は旧課程科目を選択できない。
※数学について、旧課程履修者は、グループごとに新・旧いずれかの教育課程の科目の中から1科目を選択できる。
※理科について、旧課程履修者は、新課程科目と旧課程科目のいずれで受験するかを出願時に申し出る。新課程科目と旧課程科目を組み合わせて選択することはできない。試験当日は、出願時に登録した科目選択方法にしたがって、受験科目を選択できる。

教科・科目(全体)

下表の6教科31科目で実施。
ただし、旧課程履修者に対しては、数学・理科に関して、経過措置が講じられる。
教科 グループ 出題科目 解答時間 配点 科目選択方法
国語 『国語』 80分 200点
地理歴史 「世界史A」、「世界史B」、「日本史A」、「日本史B」、「地理A」、「地理B」
「現代社会」、「倫理」、「政治・経済」、『倫理、政治・経済』
1科目60分
2科目120分
1科目100点
2科目200点
左記10科目から最大2科目を選択(注1)(注2)
公民
数学 「数学I」、『数学I・数学A』 60分 100点 左記2科目から1科目選択
「数学II」、『数学II・数学B』、「工業数理基礎」、『簿記・会計』、『情報関係基礎』(注3) 60分 100点 左記5科目から1科目選択
理科 「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」 2科目60分 2科目100点 左記8科目から、次のいずれかの方法で選択
A:理科①から2科目選択
B:理科②から1科目選択
C:理科①から2科目および理科②から1科目選択
D:理科②から2科目選択(注2)(注5)
「物理」、「化学」、「生物」、「地学」(注4) 1科目60分
2科目120分
1科目100点
2科目200点
外国語 『英語』、『ドイツ語』、『フランス語』、『中国語』、『韓国語』(注3) 【筆記】80分
【リスニング】30分
【筆記】200点
【リスニング】50点
左記5科目から1科目選択
(リスニングは英語のみ)
(注1)地理歴史においては、同一名称のA・B出題科目、公民においては、同一名称を含む出題科目同士の選択はできない。
(注2)地歴・公民の受験する科目数、理科の受験する科目の選択方法は出願時に申請するものとする。
(注3)数学グループ②の各科目のうち「工業数理基礎」『簿記・会計』『情報関係基礎』の問題冊子の配付を希望する場合、また外国語の各科目のうち『ドイツ語』『フランス語』『中国語』『韓国語』の問題冊子の配付を希望する場合は、出願時に申請する。
(注4)「物理」「化学」「生物」「地学」には、一部に選択問題を配置する。
(注5)理科①については、1科目のみの受験は認めない。

受験教科・科目は、各大学が定めているので、各大学の要項にて確認が必要。

科目の選択

2015年度センター試験-主な科目選択のパターンと各大学の対応状況

 2015年度センター試験の数学・理科の科目選択に関する説明と、主な国公立大学の対応を掲載しています。

センター試験 科目選択状況
 2014年度までの科目選択状況、平均点の推移、得点調整の原則などを掲載しています。

形式

正解を選択肢から選び、マークシートを塗りつぶして解答するマークセンス方式。

検定料

(1)払込期間:2014年9月1日(月)~10月9日(木)
(2)検定料:3教科以上受験 18,000円 2教科以下受験 12,000円
(3)成績通知手数料:800円(希望者のみ)

時間割

第1日 2科目受験 9:30~11:40 (注1)
1科目受験 10:40~11:40
地理歴史・公民
13:00~14:20 国語
15:10~16:30 外国語【筆記】
17:10~18:10 (注2) 外国語【リスニング】※『英語』のみ
第2日 9:30~10:30 (注3) 理科①
11:20~12:20 数学①
13:40~14:40 数学②
2科目受験 15:30~17:40 (注1)
1科目受験 16:40~17:40
理科②

(注1)「地理歴史、公民」及び「理科②」の試験時間において2科目を受験する場合は、解答順に第1解答科目及び第2解答科目に区分し各60分間で解答を行うが、第1解答科目及び第2解答科目の間に答案回収等を行うために必要な時間を加え、試験時間は130分とする。第1解答科目と第2解答科目の間の10分間は答案の回収、解答用紙の配付を行うため、受験者は着席が必要で、トイレ等での一時退室はできない。
(注2)リスニングは、音声問題を用い30分間で解答を行うが、解答開始前に受験者に配付したICプレーヤーの作動確認・音量調節を受験者本人が行うために必要な時間を加え、試験時間は60分とする。
(注3)「理科①」は試験時間60分で2科目を解答する。1科目のみの受験はできない。なお、解答する科目の順序、解答時間の配分は自由。

時間割を見てわかるように、5教科7科目以上を課す学部・学科を受験する場合、長丁場になることを知っておこう。

スケジュール

2015年度入試の概要
受験案内の入手 9月1日(月)より、希望者に「受験案内」が配付される。
出願 受付期間は9月29日(月)より10月9日(木)まで。現役生は学校経由で出願する。
登録内容の確認 11月上旬までに「確認はがき」が送られ、志願票記入事項の登録内容についての照合確認をする。
「受験票」等が到着 12月中旬までに「受験票」等が送られてくる。
受験の準備 受験に必要な準備を行う(例年だと、受験票・写真票への写真の添付など)。指定された試験会場へのルートも必ず確認しておこう。
本試験実施 2015年1月17日(土)・18日(日)(1/13以降の最初の土曜日及び翌日の日曜日に実施される。)
正解等の発表 試験問題、正解・配点が試験実施後速やかに発表される。
平均点等の中間発表 2015年1月21日(水)(予定)
得点調整実施の有無の発表 2015年1月23日(金)(予定)
追試験実施 2015年1月24日(土)・25日(日)
平均点等の最終発表 2015年2月5日(木)(予定)
成績通知書の到着 出願時に希望した受験者には2015年4月16日(木)以降にセンター試験の成績通知が送付される。

センター試験の利用

過年度のデータを見る

Q&A


対策

外国語 英語
数学 数学IA  数学IIB  数学I
国語 国語
理科 物理I  化学I  生物I  地学I
地理歴史 世界史B  日本史B  地理B
公民 現代社会  倫理  政治・経済  倫理,政治・経済

センター試験結果

志願状況、受験状況、得点状況、平均点の推移などを掲載しています。
2014年度センター試験結果


大学入試センター公表の問題例(試作問題)

2013年11月12日、平成27年度からの大学入試センター試験における数学、理科の問題例(試作問題)が公表されました。
数学、理科の問題例 (大学入試センターHP)

関連項目

センター試験対策用書籍
学習指導要領


外部リンク



このページの最終更新日時: 2014/08/06 19:52:18
-