センター試験 2015年度

このページのタグ: 2015年度 センター試験
2015年度センター試験まで、あと 171 日。
- 
目次

教科・科目

指導要領との関係

  • 数学・理科に関しては、新指導要領に対応した試験とする。
  • 数学・理科以外の教科・科目については、現行の教育課程に基づき出題する。

数学・理科の出題科目等

教科 グループ 出題科目 時間 配点 科目選択方法
数学 「数学I」、『数学I・数学A』 60分 100点 左記2科目から1科目選択
「数学II」、『数学II・数学B』 60分 100点 左記2科目から1科目選択
理科 「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」 2科目で60分 2科目で100点 左記4科目から2科目選択
「物理」、「化学」、「生物」、「地学」 1科目60分 1科目100点 左記4科目から最大2科目選択
※受験教科・科目は、各大学が定める。
※数学②における「工業数理基礎」、「簿記・会計」、「情報関係基礎」は旧指導要領に基づき出題する。

数学・理科の経過措置

教科 グループ 経過措置科目
数学 「旧数学I」、『旧数学I・数学A』
『旧数学II・数学B』
理科 「理科総合A」、「理科総合B」、「物理I」、「化学I」、「生物I」、「地学I」
※理科について、旧課程履修者は、新指導要領に基づく科目と経過措置科目のいずれで受験するかを出願時に申し出る。

教科・科目(全体)

下表の6教科31科目で実施。
教科 グループ 出題科目 解答時間 配点 科目選択方法
国語 『国語』 80分 200点
地理歴史 「世界史A」、「世界史B」、「日本史A」、「日本史B」、「地理A」、「地理B」
「現代社会」、「倫理」、「政治・経済」、『倫理、政治・経済』
1科目60分
2科目120分
1科目100点
2科目200点
左記10科目から最大2科目を選択(注1)(注2)
公民
数学 「数学I」、『数学I・数学A』 60分 100点 左記2科目から1科目選択
「数学II」、『数学II・数学B』、「工業数理基礎」、『簿記・会計』、『情報関係基礎』 60分 100点 左記5科目から1科目選択
理科 「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」 2科目60分 2科目100点 左記4科目から2科目を選択(注2)(注3)
「物理」、「化学」、「生物」、「地学」(注4) 1科目60分
2科目120分
1科目100点
2科目200点
左記4科目から最大2科目を選択(注2)
外国語 『英語』、『ドイツ語』、『フランス語』、『中国語』、『韓国語』 【筆記】80分
【リスニング】30分
【筆記】200点
【リスニング】50点
左記5科目から1科目選択
(リスニングは英語のみ)
(注1)地理歴史においては、同一名称のA・B出題科目、公民においては、同一名称を含む出題科目同士の選択はできない。
(注2)地歴・公民の受験する科目数、理科の受験する科目の選択方法は出願時に申請するものとする。
(注3)理科①については、1科目のみの受験は認めない。
(注4)「物理」「化学」「生物」「地学」には、一部に選択問題を配置する。
(2013年7月24日 大学入試センター発表)

受験教科・科目は、各大学が定めているので、各大学の要項にて確認が必要。

科目の選択

【数学】

出題科目・出題範囲
 出題科目は「数学I」、『数学I・数学A』、「数学II」、『数学II・数学B』の4科目。
 出題範囲は、各科目とも「すべてを出題範囲とする」としている。ただし、「数学A」、「数学B」については、以下のように発表されている。
  • 『数学I・数学A』の出題範囲のうち、「数学A」については、3項目の内容(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)のうち、2項目以上を履修した者に対応した出題とし、問題を選択解答させる。
  • 『数学II・数学B』の出題範囲のうち、「数学B」については、3項目の内容(確率分布と統計的な推測、数列、ベクトル)のうち、2項目以上を履修した者に対応した出題とし、問題を選択解答させる。
出題科目の選択方法
 出題科目を次の2つのグループに分け、それぞれのグループにおいて、以下のうちの1科目を選択解答させる。
グループ① 「数学I」、『数学I・数学A』のうちから1科目を選択解答する。
グループ② 「数学II」、『数学II・数学B』のうちから1科目を選択解答する。

【理科】

出題科目・出題範囲
 出題科目は「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」、「物理」、「化学」、「生物」、「地学」の8科目。
 出題範囲は、各科目とも「すべてを出題範囲とする」としている。
 ただし、「物理」、「化学」、「生物」、「地学」については、高等学校の教育課程の現状を踏まえ、受験者の大幅な負担増とならないよう、選択問題を配置する。

出題科目の選択方法
 出題科目8科目のうちから最大3科目を選択し、解答する。
 ただし、大学入試センター試験に参加する大学が定める出題科目の選択方法は以下のとおりとする。

 ① = 「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」(基礎を付した科目)
 ② = 「物理」、「化学」、「生物」、「地学」(基礎を付していない科目)
①の4科目から2科目 または1科目 を選択解答する。
②の4科目から1科目を選択解答する。
①の4科目から2科目 または1科目 、並びに②の4科目から1科目を選択解答する。
②の4科目から2科目を選択解答する。
※ 「基礎を付していない科目」は「基礎を付した科目」に比して試験時間及び配点において2倍となる。
※ 「基礎を付した科目」を指定する大学においては、「基礎を付していない科目」を受験した者に対しても受験資格を付与することが可能となるよう、各大学に協力を求める。
※ 大学入試センターから以下の変更点が発表されました(2012,7,24)
(1 理科の「基礎を付した科目」の選択及び解答方法)
理科の「基礎を付した科目」は,「物理基礎」,「化学基礎」,「生物基礎」及び「地学基礎」の4科目のうちから,2科目を選択解答させることとする。
(2 大学における理科の「基礎を付した科目」の指定方法)
理科の「基礎を付した科目」は,大学の科目指定においても1科目のみの指定はできないこととする。

主な国公立大学の対応(数学・理科)

概要

【数学】
現行と同じ4科目が出題され、利用科目についても現行同様「数学Ⅰ・数学A」および「数学Ⅱ・数学B」が文系・理系を問わずほとんどの大学で求められる。

【理科】
A 「物理基礎」・「化学基礎」・「生物基礎」・「地学基礎」の4科目から2科目を選択解答させる⇒ (基礎2科目)
文系学部の標準パターン
【主な大学・学部(文系学部)】
※北海道大学・東京大学・京都大学・広島大学・九州大学など
(上記の大学の場合は基礎なし2科目も選択可能)

B 「物理」・「化学」・「生物」・「地学」の4科目から1科目を選択解答させる⇒ (基礎なし1科目)
文系学部の選択パターン
【AまたはBを選択できる主な大学・学部(文系学部)】
※東北大・筑波大・お茶の水女子大学・神戸大学・岡山大学など

C 「物理基礎」・「化学基礎」・「生物基礎」・「地学基礎」の4科目から2科目並びに「物理」・「化学」・「生物」・「地学」の4科目から1科目を選択解答させる⇒ (基礎2科目+基礎なし1科目)
理系学部の選択パターン
【CまたはDを選択できる主な大学(理系学部)】
※北見工業大学・室蘭工業大学・茨城大学など

D 「物理」・「化学」・「生物」・「地学」の4科目から2科目を選択解答させる⇒ (基礎なし2科目)
理系学部の標準パターン
【主な大学(理系学部)】
※北海道大学・東京大学・京都大学・大阪大学・名古屋大学・九州大学など

理科の「基礎を付した科目」は、当初1科目のみの指定も認めていたが、2012年7月の改訂で1科目のみの指定はできないことになった。よって、文系学部は「基礎2科目」、理系学部は「基礎なし2科目」を課す大学が多いが、教員養成系や保健看護系では大学によって選択パターンが様々。
すでに国公立大学では2015年度入試科目を「予告」として発表しているが、各大学・学部の具体的な科目選択については、各大学のHPを参照のこと。


詳細-2015年度センター試験の数学・理科について

(2013.12.9現在判明分)
☆各大学ホームページ(情報掲載ページ)
北海道 北海道大学札幌医科大学旭川医科大学小樽商科大学帯広畜産大学北海道教育大学北見工業大学
東北 弘前大学(PDF)岩手大学(PDF)秋田大学東北大学山形大学福島大学福島県立医科大学(募集要項PDF)
関東 筑波大学(PDF)茨城大学宇都宮大学(PDF)群馬大学埼玉大学千葉大学お茶の水女子大学(PDF)東京大学東京医科歯科大学東京外国語大学首都大学東京東京学芸大学東京工業大学電気通信大学東京芸術大学東京農工大学一橋大学東京海洋大学横浜国立大学横浜市立大学
中部 新潟大学上越教育大学(PDF)金沢大学信州大学富山大学福井大学山梨大学静岡大学浜松医科大学岐阜大学岐阜薬科大学名古屋大学名古屋市立大学名古屋工業大学愛知教育大学豊橋技術科学大学三重大学
近畿 滋賀大学滋賀医科大学和歌山大学和歌山県立医科大学京都大学京都工芸繊維大学京都府立大学京都府立医科大学大阪大学大阪市立大学大阪府立大学大阪教育大学神戸大学神戸市外国語大学奈良女子大学奈良県立医科大学
中国 鳥取大学島根大学岡山大学広島大学山口大学
四国 徳島大学鳴門教育大学香川大学愛媛大学高知大学
九州・沖縄 九州大学九州工業大学佐賀大学長崎大学熊本大学大分大学宮崎大学鹿児島大学鹿屋体育大学琉球大学


大学入試センター公表の問題例(試作問題)

2013年11月12日、平成27年度からの大学入試センター試験における数学、理科の問題例(試作問題)が公表されました。
数学、理科の問題例 (大学入試センターHP)

関連項目

センター試験対策用書籍
学習指導要領


外部リンク



このページの最終更新日時: 2014/04/07 14:50:56
-