大学一覧に戻る

大阪大学対策

このページのタグ: 大阪大学
★入試科目・配点はココからチェック!⇒ 大阪大学入試情報

- 
目次

【前期日程】の対策

英語の傾向と対策

※PDFファイルをご覧ください。

数学(文系)の傾向と対策

※PDFファイルをご覧ください。

数学(理系)の傾向と対策

※PDFファイルをご覧ください。

国語の傾向と対策

※PDFファイルをご覧ください。

国語(文学部)

国語(人間科学部、外国語学部、法学部、経済学部)

物理の傾向と対策

※PDFファイルをご覧ください。

化学の傾向と対策

※PDFファイルをご覧ください。

生物の傾向と対策

※PDFファイルをご覧ください。

日本史の傾向と対策

※PDFファイルをご覧ください。

世界史の傾向と対策

※PDFファイルをご覧ください。

地理の傾向と対策

※PDFファイルをご覧ください。

面接の参考サイト


・・・先輩の声(前期)

投稿募集中! 対策法、利用した教材、受験した感想・問題の印象といった体験談や受験生へのアドバイスなど募集中です。“名前”の欄には、受験年度・学部・学科を記していただけたら幸いです。

  • 物理について。「物理教室」(河合) -- 2010年度基礎工学部合格 (2010-03-24 23:54:53)
  • 駿台の「大阪大学への国語」はおすすめです。答案のコツがつかめます。これがなかったらわたしは合格危うかったです。 -- 2011年度阪大文学部合格 (2011-03-29 21:22:08)
  • 阪大の英語は対比構造を読み取る問題が多いと言われている。対比を読み取り、何が書いてあるのかを理解しよう。難しい問題はあまり出ないはずなので着実にわかるところから解いていこう。英語は過去問、またやっておきたい英語長文500、700、1000がオススメ。過去問を解き、わからなかった原因を調べ、文構造が読み取れなかったのか、それとも単語がわからなかったのか、原因が判明したら単語帳にマークするなり、文法書を読みこむなりして復習すること。 -- 2010経済 (2012-01-15 23:40:58)
  • 阪大の数学について。個人的に数学は得意ではなかったので参考になる意見を言えないのだが、文系阪大数学は基本問題、標準問題、発展問題の3つの構成だと思っている。基本を必ず解答し、残りの2つをどこまでとるかで勝負が決まると考えている。数学が得意ならばあまり必死に勉強する必要はないだろう。苦手なら過去問をして、わかる問題、わからない問題に分類しよう。わからない問題は学校の先生に聞くなり、友人に聞くなりして理解し、同種の問題が出たら必ず解けるようにしよう。 -- 2010経済 (2012-01-15 23:44:59)
  • 国語について。漢字はたまに難しいのも出題されるのだが、なんとかして全問合わせよう。現代文などセンターのように記号問題があったりするので、見極めれるように読み込もう。センターよりは簡単に見極めることができるのではなかろうか。古文、漢文についてだが、簡単な年と難しい年がある。古文は今までにしてきた古文単語集を復習(自分はゴロゴを使っていた)、漢文なども学校で使っていた参考書を読みこめばなんとかなるだろう。この時期、国語の成績を上げるのは難しいので、問題作成者が何を問うているのかを考え、それにあうように解答を作成しよう。国語は自分の力がなまらない程度に過去問をしておけばよい。やはり数学と英語で合否がわかれやすのではなかろうか。ちなみに自分はセンター740前後でした。710点で受かっている人もいるようなので、阪大経済を狙っているならば参考にしてほしい。 -- 2010経済 (2012-01-15 23:50:29)
  • センター8割弱でも挽回可能 ちなみにぼくは8割ジャストです -- 2014経済 (2014-03-13 09:57:01)
  • うかるためには数学と英語です 数学は基本的な問題なのでふつうに基礎力をつけたら満点近くとれます ちなみに体感で9割弱とれた気がします 英語は自由英作文は博打的要素が含まれているので和文英訳と長文でどれだけ安定した点数をだせるかがカギだと思います ちなみに僕はいつもは自由英作かけないんですけど本番だけかけましたww 体感で8割弱とれました。ここまでの点数をたたきだせば 国語なんてどうだっていいですww ちなみに僕の国語の体感は5割弱ですww -- 2014経済 (2014-03-13 10:04:11)
名前:
コメント:

【後期日程】の対策


・・・先輩の声(後期)

投稿募集中! 対策法、利用した教材、受験した感想・問題の印象といった体験談や受験生へのアドバイスなど募集中です。“名前”の欄には、受験年度・学部・学科を記していただけたら幸いです。

  • 英語について。後期の出題は、前期の出題に比べるとコンパクトにまとまっていますが、和文英訳と英文和訳を中心とした問題の難易度は前期と同様に高いです。和文英訳の対策としては、和文和訳の段階でいかに自分の訳しやすい形に変えられるか、そして、作文するための実戦的な知識をいかに多く持っているかがカギになります。お勧めは、Z会の添削問題で、採点者側と自分の答案のギャップを知り、減点されにくい答案を作れるようになります。短文暗記に良い参考書には、『ドラゴンイングリッシュ100』(講談社)を挙げておきます。 -- 2009年度京大農合格 (2010-02-20 21:17:54)
  • 英文和訳の対策のポイントは、重要構文の訳ができていることをいかに採点者にうまく伝えるか、ということです。意訳も重要な技術の一つですが、難関大の志望者には、意訳しすぎて分かりにくい答案になる場合も多くあり、減点されることも多々あります。構文通りの訳をして、意味が伝わりにくいと思ったら、うまくいいかえる位の方が良いと思います。参考になる本に、『英文和訳演習(中級編)』(駿台文庫)があります。 -- 2009年度京大農合格 (2010-02-20 21:27:25)
  • 英文和訳にも和文英訳にも通じることですが、同様の出題形式で、京都大学の過去問も余裕があったら解いてみるとよいと思います。私が勧めるのは、阪大の後期の過去問→阪大の前期の過去問→京大の前期の過去問という順序です。赤本を買うのが面倒くさいという場合は、大手の塾のサイトからダウンロードすればよいと思います。 -- 2009年度京大農合格 (2010-02-20 21:34:33)
  • 数学について。前期試験と同様に、数Ⅲの微分積分の高度な計算力の必要な問題と発想力の試される図形問題を中心とした出題形式で、完答が難しい場合は部分点で稼ぐ技術も必要になります。過去問を解いていく中で、完答しなくてはならない問題なのかを見極める練習を繰り返して、確実に解き切る練習をしてください。また、それと同時に部分点を稼ぐためのアピールの仕方、簡潔な計算方法など、解説から貪欲に知識を吸収するようにしてください。 -- 2009年度京大農合格 (2010-02-20 21:43:43)
  • 工学部・物理について。後期の出題形式の特徴は、あまり参考書では見られない題材をもとに穴埋めの誘導に従って解答を埋めていくというものです。ここで要求されている力は、未知の問題にぶつかったときに、それまでの知識を生かして、自分の知っている形に持っていくか、置き換える力です。必ず解けるようにできているので、どこかに解けるヒントはないか、似た問題を解いた経験を解いたことはないかを、思い出し生かすという練習が重要です。京大の前期試験の過去問は、出題形式も難易度も似ているので、余裕があるなら取り組んでみると参考になる部分があると思います。 -- 2009年度京大農合格 (2010-02-20 21:52:55)
  • 工学部・化学について。出題傾向としては、化学平衡と有機分野の出題がほぼ毎年見られ、題材はあまり見慣れないものが多いです。ただ、問題文を読み込んで、未知の反応の規則を理解すれば、あとは知っている知識で対応できるようになっているので、そこを読み解く訓練が必要です。過去問を解く際には、横に教科書や参考書を置いておき、間違えた箇所はすぐに確認できるようにしておきましょう。同様の出題形式・難易度に京大の過去問があるので、余裕がある場合は取り組んでみると、演習としては十分なものになると思います。 -- 2009年度京大農合格 (2010-02-20 22:02:33)
  • 理学部・物理について。基本的に3題構成。問題はすべて工学部と共通です。 -- 2010 阪大理後期合格 (2010-05-01 18:28:47)
  • 理学部・物理について。見慣れた問題は少なく、後期試験独特の重厚な問題も出題される事があります。その場での思考力が要求されています。加えて時間の割に分量があると思われます。私が利用した参考書は『難系統の問題とその解き方』で阪大後期物理に多い穴埋めでありながらもハイレベルな問題を多く収録しており、役立ちました -- 2010 阪大理後期合格 (2010-05-01 18:46:16)
  • 理学部・化学について。基本的に3題構成。理論、無機、有機と大問ごとに出題されやすい。 -- 2010 阪大理後期合格 (2010-05-01 18:04:43)
  • 理学部・化学について。難易度はハイレベルで易しくはない。教科書を一通り学習しつつ化学重要問題集などで標準レベルの入試問題になれてから、化学の新研究や東大京大東工大阪大などの過去問をやって応用力を向上させるといいかもしれません。 -- 2010 阪大理後期合格 (2010-05-01 18:15:14)
  • 理学部・化学について。工学部とは一部問題が異なる。 -- 2010 阪大理後期合格 (2010-05-01 18:23:32)
名前:
コメント:

特別入試(推薦入試など)の対策


・・・先輩の声(特別入試)

投稿募集中! 対策法、利用した教材、受験した感想・問題の印象といった体験談や受験生へのアドバイスなど募集中です。“名前”の欄には、受験年度・学部・学科を記していただけたら幸いです。

名前:
コメント:

入試対策Q&A

+ センター試験英語リスニングの配点
+ 文学部/外国語学部を志望。個別試験で、地歴または数学の選択はどの科目が有利ですか?
+ 理系志望。個別試験の理科の科目選択は、どの科目が有利ですか?

対策ツール

模試

大阪大学志望者を対象とした模試を大手予備校が実施している。受験対策の中間目標として、受験して欲しい。

Z会の通信教育 おすすめ講座

阪大志望者におすすめのコース [Z会サイト]
医学部医学科志望者におすすめのコース[Z会サイト]

大阪大学入試情報

入試科目・配点

※入試科目・配点は各大学が出している『入学者選抜要項』や『募集要項』で確認するのが確実。ただし、入試科目・配点など選抜方法は年度によって変わることもあるので、受験する年度の入試情報を必ずチェックしよう。

★入試最新情報はココからチェック!

入試変更点

※下記の変更が見られます。詳細は、大学ホームページ及び入学者選抜要項・募集要項を確認のこと。
2018年度入試変更点
  • 平成30年度からの大阪大学における入学者選抜(世界適塾入試)の変更について(PDF)
    • 法学部世界適塾AO入試選抜基準の変更…【2017年度】第一次選考(提出書類による選考)、第二次選考(提出書類・面接又は口頭試問の結果40点+センター試験の成績160点=200点満点により行う)。ただし、センター試験の合計得点が80%以上必要⇒【2018年度】第一次選考(センター試験の合計得点が80%以上の者で、法学科は上位27位までの者、国際公共政策学科は上位13位までの者を合格者とする)。第二次選考(提出書類・面接又は口頭試問の結果40点+センター試験の成績160点=200点満点により行う)。
    • 医学部医学科の世界適塾推薦入試の第一次選考の変更…【2017年度】志願者が60名を超えた場合、第一次選考を実施する(センター試験の総点が720/900点以上の者のうちから、成績上位60名までの者を第一次選考合格者とする)⇒【2018年度】第一次選考は、センター試験の総点が720/900点以上の者のうちから、成績上位60名までの者を第一次選考合格者とする。
    • 医学部保健学科世界適塾推薦入試選抜方法の変更…【2017年度】第一次選考(センター試験の得点及び提出書類の内容に基づき、総合的に判定する。なお、各専攻でセンター試験の合計得点が80%以上の者が20名を超えた場合、それらの中から専攻毎に成績上位20位までの者を第一次選考合格者とする)。第二次選考(第一次選考合格者に対し、面接(集団面接を含む)を課す)。第二次選考の最終合格者判定は、提出書類・センター試験の得点・面接結果を総合して評価する⇒【2018年度】第一次選考(センター試験の得点及び提出書類の内容に基づき、総合的に判定する。但し、専攻毎に募集人員の概ね5倍まで(20名を超える場合、原則20名まで)を上限とし、合格者とする。なお、センター試験の合計得点は80%以上必要)。第二次選考(第一次選考合格者に対し、看護学・放射線技術科学専攻は面接、検査技術科学選考は小論文・面接(集団面接を含む)を課す)。第二次選考の最終合格者判定は、提出書類・センター試験の得点・面接及び小論文(検査技術科学専攻のみ)の結果を総合して評価する。
    • 薬学部世界適塾推薦入試の変更
      • (1)推薦要件の追加項目(全員必須)…TOEFL-iBTスコア80点以上の者、IELTS スコア6.0点以上の者又は英検準1級以上の者(出願時において有効期限内のスコア又は合格に限る)
      • (2)提出書類の追加項目(全員提出の書類)…TOEFLのExaminee’s Score Record の原本、IELTS のTest Report Form の原本または英検の合格証明書の原本
2017年度入試変更点
  • 全学部で後期日程の募集を停止します。(理学部、工学部及び基礎工学部の後期日程は、既に募集を停止しています。)
  • 医学部保健学科の後期日程で、看護学専攻の専門学科卒業生入試を廃止します。
  • 全学部で前期日程の募集人員を変更します。
  • 外国語学部前期日程で、第一段階選抜の実施方法を変更します。(募集人員の約3倍を超えた場合に実施→募集人員の約2倍を超えた場合に実施)
  • 理学部前期日程で挑戦枠を廃止します。また、大学入試センター試験の配点を変更します。【2016年度】外50,国150,歴公50=250点満点⇒【2017年度】国100,外数理・歴公各50=300点満点
  • 医学部医学科前期で第一段階選抜の実施方法を変更します。(900点満点中630点以上の者で募集人員の約3倍までの者を第1段階選抜合格者とする→900点満点中720点以上の者で募集人員の約2.6倍までの者を第1段階選抜合格者とする)
  • 「世界適塾入試」(「AO入試」と「推薦入試」の総称)を実施します。
    平成29年度からの入試実施方法の変更について
    世界適塾入試
    • 「世界適塾入試」実施による募集人員の変更(理・工・基礎工学部の国際科学オリンピックの募集は若干名のため省略します)
      • 文学部(前期125,後期40⇒前期135,適塾AO30)。 外国語学部(前期421,後期149⇒前期506,適塾AO64)。 法学部(前期213,後期37⇒前期225,適塾AO25)。 経済学部(前期185,後期35⇒前期213,適塾AO7)。 理学部(前期239(挑戦枠37含む),研究奨励AO16⇒前期222,適塾AO33)。 工学部(前期820⇒前期793,適塾推薦27)。 基礎工学部(前期395,推薦40⇒前期390,適塾推薦45)。 医学部医学科(前期85,後期15⇒前期100,適塾推薦若干名)。 医学部保健学科(前期133,後期27(専門2含む)⇒前期156,適塾推薦4)。 歯学部(前期48,後期5⇒前期48適塾推薦5)。 薬学部(前期65,後期15⇒前期65,適塾推薦15)。 人間科学部(前期100,後期30⇒前期(115,適塾推薦15)。
2016年度入試変更点
2015年度入試変更点


入試結果

大学情報


このページの最終更新日時: 2016/05/16 19:57:24
-