いっけい壊れるの章


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「どう、おいしいでしょう?」
「はい・・・おいしいです・・・」
「残さず飲み干しなさい」
「はい…」
エースザフォーカードの股間に顔を自らの意志で押し付け
いっけいは餓鬼のようにエースの性を貪った
「ねぇ、あなたに面白い物を見せてあげる」
「これは…?」
「アタシに挿れられている時、あなたも暇でしょう。こいつに入れるといいわ」
「はい、ありがとうございます…」
「さぁお尻をこっちに向けなさい」
言われるままに尻をエースに突き出すと
尻から頭に突き抜けるような快楽が走り、喘ぎ声を上げながら、いっけいは自ら腰を振っていた
「あぐぅ…ぬふぅ…」
「ほら、あなたもそいつに入れて」
言われるままに、目の前の男に自分自身を入れ、腰を振る
今まで以上の快楽にいっけいは気が狂いそうになった
自分が腰を振るたびに、自分自身と彼の女となった部分に快楽が走る
焦点の定まらない眼には快楽と歓喜からくる涙が浮かび
その口からはだらしなくよだれと、エースの性がこぼれていた
「どう?気持ち良い?」
「ひゃい…ぎもぢいぃです…ぎもちひいぃぃい…」
「そう?本当に?その男の顔、見たことないの?記憶にないのかしら?」
「え…?」
そう言いながら無表情にいっけいに突かれている男の顔
確かにどこかで見た覚えがあった
「あなたのお父さんよ。仲間の死神に死体を動かしてもらってるの」
「うわああああああああああああああああああああああああああ!」

いっけいが壊れた理由、これがそれである
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。