教えて天才先生 第八話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

先生1号「今日のお題は…って!!」
先生2号『なに?みせて』
先生1号「えーっと…ッスね…」
先生2号『うんうん』
謎の先生Ⅰ「どけぃ虫ケラ共」
謎の先生Ⅱ「この熱くたぎる血潮に飲み込まれたくなくばな」
先生1号「…!あかうで先生!くろへび先生!」
先生2号『なんで1号ちょっと嬉しそうなの?』
あかうで先生「左様、あかうで先生だ」
くろへび先生「左様、くろへび先生だ」
先生1号「コレについてッス…(恥ずかしいぃ…)」
先生2号『1号どうしちゃったの…?』
あかうで先生「なるほど、お前たちの手には余る言の葉」
くろへび先生「ケツの青いひよっこではなァッ」
先生1号「ケツ、青くないッス!セクハラッス!」
先生2号(蒙古班、まだあった気がする…)
先生1号「あれ?2号、顔が青いッスよ?」
先生2号『なんでも、ない』
あかうで先生「人形劇なのに顔が青いとは、お笑い草だ」
くろへび先生「ケツも顔も青い哀れなブルー生物が」
謎の先生Ⅲ「それはあなた達も同じね」
先生1号「誰ッスか!?」
先生2号『またなんか来た』
覆面先生「覆面先生よ」
先生1号「どっかで見たことがあるような気がするッス…」
先生2号『また出た』
覆面先生「童貞のあなた達に説明できるとは思えません。腐っても華…じゃなくって1号のコーナーに誤りは許されないわ。その小さいのを連れて消えればいいと思う。童貞」
あかうで先生「なん…だと…」
くろへび先生「それを見抜くとは…大した奴だ」
あかうで先生「くろへび先生」
くろへび先生「フォーメーションBで行く」

先生1号「何ッスか?2号。そんなに引っ張って」
先生2号『童貞ってなに?』
先生1号「さ~…何ッスかねー…(言える訳ないッス…)」
先生2号『この味は嘘をついてるあじだぜ』
先生1号「ン…っ って舐めないで欲しいッス!!」
先生2号『だってブチャラティが』

あかうで先生「ちょっと待てよ!」
くろへび先生「何です?」
あかうで先生「舐められてる」
くろへび先生「人形劇なのに、舐められているとはおかしいが、とにかく舐められてる」
覆面先生「…!私を差し置いて華…もとい私の1号に手を出すなんて良い度胸してるね、このブラック座敷童子」
先生1号「ちょ…何言ってるんスか!」
先生2号『わたしのほうが1号と付き合いながい。かえれ』

あかうで先生「この異常なプレッシャー。わかったぜ覆面の正体が」
くろへび先生「奇遇だな。俺もだ。九割九分間違いねぇ…」
あかうで・くろへび先生『“魍魎”の“武丸”サンだ』
あかうで先生「つーか、2号って座敷童子だったんだな」
くろへび先生「有名人ってレベルじゃねぇ。サイン貰おう」

覆面先生「さぁ1号、そんな座敷童子は捨て置いて、早く疑問に答えなくっちゃ」
覆面1号「キャ…!ちょ…どこ触って…ン…すかぁ…んっ」
覆面2号『1号がいじめられてる。1号をはなせ』
覆面先生「座敷童子は隅っこで寝てなさい」
あかうで先生「流石“魍魎”の“武丸”サンだ。座敷童子でも容赦ねぇ」
くろへび先生「壊れたヌイグルミみたいになっちまった」

覆面先生「女同士でも真似事くらいは出来るわ。あなたは先生なんだから、皆さんに身を呈してでも教えないと、ね?」
先生1号「や…ぁ… ダメぇ…っス」

あかうで先生「絶景絶景」
くろへび先生「よかいちよかいち」

覆面先生「男と女が交わるには、まず男性を迎え入れる準備をしなくっちゃ。まずそれを教えてあげるね」
先生1号「ホントに…もぅ…や…だァ…ン…ッ」
覆面先生「性交渉一つとっても、様々な礼儀が存在します。円滑な行為を行うにはまず女性はどのようにすれば、喜ぶのかを知る事が必要です。大丈夫よ1号。私だって初めてなんですから」

あかうで先生「ばくざん先生のばくだん発言」
くろへび先生「いいちこもあるよ」
あかうで先生「…というか流石に、1号が可哀想な気もする」
くろへび先生「女の子が自殺するような目にあうのは、俺の妄想の中で十分だしな」
あかうで先生「やるか、妄想の中で自殺させた数兆という女性の鎮魂のために」
くろへび先生「いくか、これから妄想の中で、自殺するような目に会う数兆の女性への手向けに」

覆面先生「大丈夫…怖くないよ。私を信じて。ね?」
先生1号「いやだ…よぅ…助け… おねぇ…さま…ァ…ぁんっ」
覆面先生「…!?」
あかうで先生「“ヤツ”の“動き”が“止まった”ぜ」
くろへび先生「“チャンス”は“一瞬”だ。“逝く”よォ!?“拓”ちゃん!?」
覆面先生「…ハッ!?一体、わたしは何を…?華!?なんてはしたない!格好は一体どうしたの…!?」
覆面先生「なに?あの奇声をあげて近づいてくる変態は。…!そう、あいつらなんだね。許さない…!」

あかうで先生「何やら様子がおかしいぜ」
くろへび先生「一度戦いが始まったのなら、男なら途中で節を曲げることなく最後まで自分の立場を貫くのだ」
あかうで先生「何それカッコイイ」
くろへび先生「我が師の師は師も同然の人が言ってた」
あかうで先生「クールだね」
くろへび先生「クールだよ」
あかうで先生「けど俺達、これ多分もう無理じゃね」
くろへび先生「うん、こんなにふっ飛ばされたらもう無理くせぇなー」
あかうで先生「ちなみにSEXってのは男性器を女性器に突っ込むことだぜ」
くろへび先生「最後の…メッセージ…です伝わって…ください… 受け取って…ください」

先生1号「うぅ~ん…やめ…!ってアレ。服も乱れてない…夢…?」
先生2号『…うぅ…ん』
覆面先生「目が覚めたんだね。随分うなされていたよ。怖い夢でも見たんだね」
先生1号「なんだぁ…良かったッス。酷い悪夢だったッス」
先生2号『…おはよう』
覆面先生「あ、1号。疑問は何故か解決した気がするから気にしないでいいと思うよ」
先生1号「至れり尽くせりッス!」
先生2号『歯、洗ってくる』

クリムゾンブロウ曰く「ナドレって女の子かな。使うかどうか決めかねてる」
ブラックパイソン曰く「なかなかいい具合だった」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。