激流に身を任せ同化するトール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オーディンに仕えるヴァルハラ八神将の一人
エルフ族の戦士で、ドワーフに作らせたムジョルニアとそれによって呼び寄せる雷を武器に戦う
なおこのムジョルニアだが、製作課程でロキが邪魔をしたため柄の長さがやや短い

トールはKey半島最強の戦士と呼ばれていた
しかし、その強大さゆえに傲慢なまでに増長してたトールはことあるごとに横暴な態度をとるようになる
それを見かねたオーディンは、トールが謙遜を覚える必要があると悟り、トールの記憶を消し、
数年間、エルフではなく人間として生活させるようにした
現在は記憶を取り戻しているが、上記のこともあって人間には好意的で、オペレーション:ラグナロクにも否定的

また人間として過ごしていた時に「リトルバスターズ」という名の涙製造機と遭遇しており、それがもとで大の鍵っ子になった
隙あらば、ヘルギやバルドルに「リトルバスターズ」を始めとしたPCゲームを布教しようとする

クリムゾンブロウ曰く「違う出会い方をしていれば」
ブラックパイソン曰く「俺たちは友となっていただろう」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。