【カルビ燃ゆ】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

信「――あっ、明楽先輩
お久しぶりです先輩、と……
あの先輩、そちらの方は……?」
恵「げっ、おしんちゃん!?
……よりによって何てタイミングで……
と、とにかく久しぶりっ!
それじゃ、また今度――」
愛「待ってくださいおにいちゃん
あいか、まだこちらの(苛め甲斐がありそうで)魅力的なおねえさんに紹介してもらってません」
恵「ちょっ、あいか自重しやがれ……ッ」
信「み、魅力的だなんてオラ……じゃないや……わ、わたし……
え、えぇっと……
もしかして、明楽先輩の妹さん、ですか……?」
愛「いいえ惜しいですが違います
あいかはおにいちゃんの肉奴隷、兼義妹の御影あいかです」
恵「肉……ッ!?
あッ、あいかオマエー!!」
信「……にく、どれい……さん?」
恵「あぁッ!?
おしんちゃん、こいつの言う事をいちいち真に受けないでくれっ」
信「先輩……肉奴隷って何ですか?」
恵「……ほっ
な、何でもないよー、うん
おしんちゃんは知らなくていい事だからねー」
愛「……ちっ、カマトトぶりやがって最悪ですね」
恵「……あいかさん?」
愛「なぁに、おにいちゃんっ?」
恵「…………」
信「――あぁっ、解りました!
肉奴隷さんですね!
あいかさんも大変なんですねぇ……」
愛「おー、ついにあいかにも理解者が
そうなんです、肉奴隷だって大変なんです
それをこのおにいちゃんって人は……」
恵「……あぁ、何てこった……
また一人、このエロガキに汚染されて……」
信「はい、解りますよあいかちゃん
わたしも何度か経験ありますし」
恵「――って、えぇっ!?
嘘だよねおしんちゃんッ、嘘だと言ってよ!!」
信「ほ、本当ですっ
……いくらわたしが頼りないからって、そんなに疑わなくても……
わたしだって、ちゃんと肉奴隷できますよぉ」
恵「……終わった……
俺の最後の希望は今、ここに消え果てた……
ハハッ……所詮、俺の人生ヨゴレなんだ……」
愛「元気を出しておにいちゃん
これからはあいかたちが朝から晩までぬっぷりねっぷりご奉仕してあげるから」
信「そうですよっ
わたしがちゃんと肉肉野菜肉野菜のゴールデンルールを死守してみせます!」
恵&愛『…………へっ?』
信「せっかくお百姓さんが丹誠込めたお肉とお野菜ですし、おいしく残さず食べないと……
……て、ほぇ?
どうしたんです、先輩にあいかちゃん?
そんな不思議なものでも見たようなお顔で……」
恵「…………
なぁ、あいか……」
愛「……うん、間違いないね……」
信「あ、あれっ?
もしかしてわたし、また何か間違いましたか……?
あのぉ……肉奴隷って、焼き肉のお肉を焼く係の事じゃないんです、か……?」
恵「いいんだ、おしんちゃん
君だけは、そのままでいてくれ……」
愛「…………
何ですこの糞みたいなオチ……
天然とかふざけてるんですか……?
死にたいんですか……?」
恵「……え、えぇと……
あいか、さん……?」
愛「えへっ、おにいちゃん大好きー」
恵「…………」

【カルビ燃ゆ】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。