「進化論」のコルベッキ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

己の限界を知り絶望に暮れる青年が、狂気の天才ファウストと巡り合う事で限界を突破、
新生アポカリプス・ナウのコマンダーとして生まれ変わった存在。
司る科学力『進化』は、人間限定だが、わずかな髪の毛や血液でも体内に取り込むことで
相手の持つ能力・経験・スキル・記憶を全て今の自分に上乗せすることが出来るというもの。
高度な知識も、高次の魔術も、体術も、体質も、先天性や後天性を問わず取り込めるため、
多種多様な人間の情報を取り込めば取り込むほどに、あらゆる方向性に無限に成長できる。

限界を突破するために、時には墓荒らし、時には暴虐の限りを尽くすなど、ありとあらゆる悪事を
介して人間の持つ情報を摂取し「人間としての枠組み」という壁を突破しようとしていたが、
運悪く金髪バカと天然幼女の二人組に出会ってしまったことで、あらゆる生命にとっての
究極の壁である「死」を幾度となく体験させられ、理不尽と絶望の果てに絶命することになる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。