教えて天才先生 番外編3話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

先生1号「教えてっ!天才先生っ!」
先生2号『…今日は何も来てないよ?』
先生1号「チョット暇だったッスから、つい」
先生2号『己のなすべき役職を見失わないで』
先生1号「いや~…面目ないッス。ってその手に持ってるのは何ッスか?」
先生2号『チャンピオン』
先生1号「あー…あの二人が好きなヘレンの載ってるチャンピオンッスね」
先生2号『次郎も好きって言ってた』
先生1号「またッスか…。どれどれ…。巻末に作者さんが、着替えがなくてごめんなさい。って謝ってるッス」
先生2号『男はこれだからまったく』
先生1号「まぁまぁ。けどコレはあの二人もガッカリしてそうッス」
先生2号『ざまあみればいい』
先生1号「ちょうどイイ所にいたッス。聞いてみるッス」
あかうで先生「何?ガッカリしたかだと?」
くろへび先生「ヘレンの着替えがなくガッカリしたかだと?」
あかうで先生「ハッ」
先生1号「なんか馬鹿にされたッス!?」
あかうで先生「ヘレンはそんな安い女じゃねぇんだよカスが」
くろへび先生「お前みたいにスカート短くもねぇ。痴女が」
先生1号「ワタシ、そんなにスカート短くないッス!酷いッス!」
あかうで先生「これを見ろ痴女」
くろへび先生「ヘレンの晴れの制服姿だ。マジ可愛い。芸術じゃないの?結婚したい」
あかうで先生「注視すべきは」
くろへび先生「このスカート」
先生2号『規定内…?』
あかうで先生「その通りだゴミ袋」
くろへび先生「リトバスの風紀委員ですらミニスカートだというのに」
あかうで先生「ヘレンは自分を大事にしてる。素晴らしい事だ」
くろへび先生「俺達は裸などより、この方が嬉しい。そしてヘレンに友達が出来た。素晴らしい事だ」
あかうで先生「おめでとうヘレン」
くろへび先生「ありがとうヘレン」
先生1号「痴女じゃないもん…」
あかうで先生「ちなみに西園さんもスカートの丈が長い」
くろへび先生「素晴らしい。圧倒的な僥倖。マジ可愛い。結婚したい」
あかうで先生「その方法について同志Jと深く語らう必要がある」
くろへび先生「そういう訳だ。どけぃ痴女。ゴミ袋」
先生1号「痴女じゃ…ないもん…」
先生2号「ゴミ袋じゃない…」
覆面先生(1号のスカートはそれでいいよ。それでいいんだよ)

クリムゾンブロウ曰く「つまりは二木佳奈多は風紀委員の癖に、風紀を乱しているという事」
ブラックパイソン曰く「しかり。風紀委員ならぬ。風紀委淫。仕置かざるえまい」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。