操機ジュラフマー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

十六聖天とアポカリプス・ナウとの激戦の傷跡が残るベルリンに
突如として現れた、新生ナウが暗黒操魔のロボ技術を解析、開発した
巨大獣型機動兵器。麒麟とキリンを誤ったためこのような名称となる。
施設崩壊の危機に際し起動しベルリンごと施設と侵入者を焼き払おうと
するが、ほぼ同時に出現した、後にCODE:Divine Weaponと称される
人型機動兵器に瞬殺されてしまい、その能力は未知数のままとなった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。