アリス・ザ・ワンダーワールド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

十六聖天五位
光の加減で金にも銀にも見える、プラチナの髪を持つ少女
鏡の国と不思議の国の二つの世界を統括する王であり女王
草薙の剣が喪失した今
現存する三種の神器のうちの二つ
八咫鏡と八尺瓊勾玉をその体内に持つ。

防御を司る鏡の国と攻撃を司る不思議の国を一つにした
アリスの父であった人物が目指した頂点の世界、夢の国を操り
全てのアリスナンバーズを超越した存在となった

また、身体能力も格段に上昇しており
能力のない状態でも、並の使い手では触れることすら叶わない
十六聖天の前ではアリスとして屈託のない笑顔で振舞ってはいるが
彼女が本当にアリスなのか、それともワンダーワールドなのかは
デスメタルと本人のみが知る事実である
アリス・ザ・ミラー
ワンダーワールド


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。