獅堂 宗次


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

十六聖天らが存在する世界とは袂を分かち別の道を歩んだ「可能性の世界」に存在する32世紀の世界から、
エヴァリュエイターの策略により時空間転移させられた、QUADのエージェント。
過去にも一度、転移装置の暴走事故が元で自分のいた世界とも十六聖天の世界とも違う異世界に
飛ばされたことがある。その際に魔法や魔導機関の知識などを得たが、現在はほとんど使う機会はない。
サルベージ作戦の最中に心中の告白をされたことを契機に付き合い始めた麒宮 麟音とは同棲中。

「波動」「物質化」「瞬転」のESPを自在に操る他、ESP技能を具象化・増幅するESP SEEDを使い、
音速を超えた闘いを見せたり、いわゆるひとつのサイキック・斬などを使いこなす。
また、次元跳躍を経験した者の中でも選ばれた者だけが手に入れられる、世界と世界の狭間でしか
生成不可能な、世界の調和を司る金属「ハルモニウム」で出来たメダルを2つ所持しており、
専用のデバイスとESP SEEDを介して神剣ハルモニアとハルモニアスーツを精製、装備することもある。

また、ディヴァイザー・アルダレストの専属メインパイロットとして、コ・パイの麟音、
サポートOSのソーレッタと共に、極超音速の闘いに身を投じることもある。

彼が元々生活していた「32世紀の極東共栄圏諸島国家群(元日本)」では21世紀の娯楽はほぼ絶滅しており、
レゲーマニアである彼にとって歴史の教科書でしか見た事のない秋葉原は夢の都そのものであるが、
彼女がいる手前自重せざるを得ないことだけが残念無念らしい。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。