『宝石城の魔女』バレ年表


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【第一部以前】
○「謎の男」、中東の遺跡にて神器トゥプシマティを発掘。「ドロシー計画」発動
○オズマ能力の実験に失敗。研究施設は南鳥島ごと壊滅
○「アリス計画」発動により「ドロシー計画」放棄。ドロシーナンバーズ(DNo)の処分決定
○オズマ姫の反乱。鎮圧の為、残されていた北の魔女に急遽オズ能力を付与
○北の魔女によりDNo全滅。オズマ姫はオズマ能力と共に封印処分
○反乱鎮圧後、北の魔女が制御を離れ暴走。「最後のドロシー」(ドロシー)を名乗る
○ドロシーと「組織」の不可侵条約が成立
○ドロシーが「獅子」「樵」「案山子」の三体を従える

【第一部】
○「組織」が十大聖天に合流。ドロシーも客員として迎えられる
○「獅子」、アリスと接触。命令を忘れ友人関係となる
○「樵」、エクスカリバー(ExC)と接触。ExCを勧誘も拒絶される
○ExC、ブリューナクと共にアヴァロンへ帰還。ルーとモルガンより以下の情報が判明
  • ヌァザとクロウクルーワッハの決戦において、クラウソラスは破壊され欠片と化した
  • 欠片のうち三個は回収できたが、一つはヌァザと共にクルーワッハの生み出した闇に飲まれた
  • 「無敗」の欠片より勝利の剣エクスカリバー、「無双」の欠片より栄光の剣ガラディン、「無瑕」の欠片より不滅の剣アロンダイトがそれぞれ再生された
  • 「樵」の所持する闇の光剣こそ「無謬」の欠片たる正義の剣である
  • 現在の「樵」は混沌の力に囚われ正気を失っている
○「樵」とExCが再戦。一方その頃、「獅子」はアリスと遊んでいた
○「案山子」の暗躍により米国ラングレーへとトゥプシマティの情報がもたらされる

【第二部】
○ドロシーが真十大聖天の三位となる
○「樵」、ExCと三度の対戦。次郎との一時契約によりExCが辛勝。正気を取り戻したヌァザより欠片を入手
○ドロシーと「獅子」がアリスと対戦。両者の板挟みとなり苦悩した「獅子」が命懸けで戦闘を止める
○「案山子」、瀕死の「獅子」を暗殺。二体の使い魔を失い消耗したドロシーを騙し討ちで捕食
○「案山子」が実質上の真十大聖天三位となる
○木星の衛星タイタンに本体を持つ「案山子」に対し、十六聖天は地球と木星の二面作戦を立案
○アリスやExCらの呼びかけによりドロシーの残留思念が覚醒。オズの護りを失った「案山子」はタイタンもろとも滅び去る
○十六聖天、ドロシーの亡骸よりトゥプシマティの最後のページを回収
○ラングレーの武蔵野三八方、オズマ姫の墓所よりオズマを発見。トゥプシマティの最初のページを復元する

【第三部以降】
○21世紀末、ドロシーを名乗る人物がジリオニウム市国(X学園)の設立に携わる
○22世紀初頭、X学園にはドロシーという学年不詳の生徒が在籍している
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。