十六聖天外伝 8話くらい


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「なるほど。彼も十六聖天の端くれだった、という訳だ」
「私は彼の評価を改めねばならないな」
「それにしても、仲間を信じているんじゃないか。素晴らしい事だ。私は嬉しいよマスター」

そんな使い魔の言葉に耳まで赤く染めた少女は、うるさいと一言呟くと
心配そうな眼差しで、彼女の仲間が今戦っている方角を見つめていた
口では強がっていても、所詮まだ四捨五入しても10代の少女なのだ
そんな自分の主を気遣うように、吸血皇は口を開く

「心配する気持ちは理解しているつもりだがね、“アレ”が太鼓判を押したのだろう?」
「うん」
「ならば案ずることはない。“アレ”は幼女の姿をとっていても、その実、中身は化物。いや、神と言っていい」



一方その頃吸血皇を従える死神が心配していた少女は
フェイクワールドと対峙していた

「フン、さっきからウロウロと目障りよ!おかげでワンダーワールドを解除しちゃったじゃない!」
「ふぅん」

どうでも良さそうに少女は呟くと、自分に似た少女に向けて一言

「もう飽きちゃったわ。通してくれない?」

その言葉には「正面から戦えば自分には勝機など皆無。見逃してやるから失せろ」そんな響きが含まれていた
彼女の名前はフェイクワールド。偽りの国の女王
相対したる者と同等の力を生みだす偽りの女王
偽りと言えども、彼女は女王。それ故に、その言葉は彼女にとってはあまりに不敬だった

「ふざけるな!能力が同じなら使い手の差で私の勝ちよ!自らの力で自らが死ね!フェイクワールド!」
「くすくす」
「今度はワンダーワールドだけじゃない。お前の鏡も利用してやる…!後悔しろ!後悔して死ね!」

だが―。
偽りの不思議の国。そんなものは何処にもなく
それどころか、フェイクワールドと名乗る少女の姿もなかった

「くすくす。だから言ったのに」

スナーク、と少女は一言呟くと、フェイクワールドが守っていたその先
赤の女王と呼ばれるそれがいる場所に、歩き出した


ラビリンス最深部
そこに鎮座する“赤の女王”と呼ばれる“それ”
”それ”を前にしたアリスの目は、見開かれていた
まるで信じられない物を見たように
そこに在る筈がない物を見たように

「嘘…。そん…な、なんであなたが…嘘よ!!!」

アリスの叫び声が、ラビリンスの最深部に木霊した

8話くらい
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。