食堂流活殺術(シキドウリフカツサツジツ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

古武術とテーブルマナーを融合させた全く新しい…なにこの何?
時は大正、開祖・食堂豊満(しきどうとよみつ)が脱亜入欧の波を前に武芸の火まさに絶えんとする事を忍び無く思う心から大衆食堂にて麦酒一杯と枝豆で半日粘り、お気に入りの女給に盆にて張っ倒される瞬間に手持ちの匙にて護身を成し遂げた折に開眼したのが始まりとされる
現在の伝承者である食堂甘味(~あまみ18才恋人募集中好みのタイプは落ち着きのある大人の男性)は十六聖天本部食堂にてウェイトレスを務める程の実力者であり、山なんとか県のホームセンターコメリにおける演習では田中茂の猛攻を屋台の冷やしあじまんのプラスチックスプーンひと振りにて凌ぎ切った後に空腹でダウンし不戦敗となった
まこと戦とは腹の空くものである
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。