ガーリィトーク&チョコレート 第二夜


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『前回のあらすじ』
アリス、デス子、沙羅が集まった
一方、書きあきはネタに詰まっていた

それは、今からほんの少しだけ未来のお話 十六人掛けの大円卓の上に、三人の少女の視線が交錯する
「それで…重要な話って、いったい何なんですか?」
「あれ、沙羅は判らないの?とっても簡単な事なのに…ねぇデスメタル、今日は何月何日かぁ?」
眉根を寄せる沙羅に呆れたような仕草をすると、アリスはローブ姿に向けて挑発的に微笑むすると怪人はだぼだぼのローブの袖からホワイトボードとペンを取り出し、何事かを書いてみせる
『2月13日名字の日無防備都市空爆の日とらはの小鳥さんの誕生日』
「…何か色々ツッコミたい気分だけど無視するの…とにかく、今日は2月13日…つまり、バレンタインデー前日なのっ!!」
アリスの叫びに一瞬、議場は静寂に包まれ
「あぁ――っ!?」
「…………ッ!?」
次の瞬間、言葉の意味が理解できた二人は真っ青になった
そう、バレンタインデー
一年に一度、女の子が大胆になれる日
しかしてその実体は、女性が男性にチョコを贈らねばならない散財の日なのだ
十六聖天は男性が半数以上を占めるし、普段から世話になっている男性職員も居る
プライベートも含めれば両手に余る数のチョコが必要になるのは明白だ
何よりアリスと沙羅の場合、本命チョコの事を考えなければならない
だがもちろん、今の今まで記念日の存在自体を忘れていた者達に武器(チョコ)の備えなどあるはずがない
「私もさっきまで忘れてたのよ…しかも慌てて他のみんなに相談したら、忍は興味無いの一言だし、花子は専属のショコラティエに作らせるっていうし…
ナナエルなんて手作りしながら、『アリスちゃんが渡せないなら、私が代わりに次郎さんに渡しておきますね』なんて笑顔で返したのよ!」
事態の予想以上の深刻さに、絶望する少女達
「…でもね、安心して!私に素敵な考えがあるの」
スッと椅子の上に立ち上がり、笑顔と共に両手を広げてみせるアリスその様はまるで天使…否、女神のように輝いていた少なくとも、他の二人からはそう見えた
「さすがはアリスさんです!…で、でも今は夕方過ぎですよっ?今から向かっても、めぼしいお店は望み無いですし…」
『どんな手を使うの?』
二人の疑問を受けて、アリスは指で天を突き宣言した
「今からでも手抜きに見せない唯一の方法…それはね…手作りチョコなの!!」
「えぇぇぇっ!?」
「~~~~っ!?」
広すぎる議場に、再び少女達の叫びが木霊した

(第三夜に続く)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。