十六聖天異聞「聖剣と神槍」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

煌っ―――と光が散り、数瞬遅れて爆音
「ば……馬鹿なっ馬鹿なぁぁ!我々は聖堂騎士団なのだぞっ!それを、それをこんな――たかが小娘風情にしてやられるだと!?」
「――違うわ。してやられた、よ」
「なっ……ぐあぁぁ!!」
疾っと瞬いて光が駆け抜ける
一陣の光が通り過ぎたあとに立っていたのは、甲冑を纏った1人の女性だけであった
「さすがに…派手にやりすぎたかしら?」
「ふん、おぬしはなかなかに変わらんの」
声のした方を見る、とニヤニヤ笑いの少女がいた
「あらクラウソラス、久しいわね。こんなところじゃおもてなしの一つもできなくて申し訳ないわ」
「なに、かまいやせんよ。それより、少し聞きたいことがあっての」
「クラウソラスが聞きたいとは珍しいわね。何かあったのかしら」
くすくすと楽しそうな笑みを浮かべて尋ね返す
「なんのことはないさ。またぞろきゃつらの動きが活発になっての。ワケなど知らぬか?」
「きゃつら?ああ、十大聖天とかいう。知らないわね。興味もないもの」
「ふむ。そうなるとソロモンの娘のことも知らぬかの」
エクスカリバーの言葉にびくりとブリューナクが肩を震わせる
「どういうこと?あの子に何があったの?」
その目は明らかに戸惑いを隠せないでいた。まるで起こってはならぬことが起こったかのように
「封印が解かれた。おぬしならこの意味が分かろう」
諦めたかのように、首を振る
「まさか……」
ありえない、と首を振る
「そのまさかよ。恐らく発端は十大聖天とかいうやつら。あれを起こして意のままに操ろうと思ったか知らんが、結果聖域は消失。指輪ごと行方知れずよ」
「そう……。あの子つらい目にあってなければいいけど」
「ふん、無理じゃな。世界はあれと釣り合わん。巨大すぎる力は個の範疇におさまろうはずもない」
「クラウソラス…あなた本当にひどいわね」
「なに、わしは事実を述べたまでよ。まあよほどのお人好しでもいれば別だがの」
「それはあなたのマスターみたいな?」
くすりとエクスカリバーが笑う
「あれはまた別格じゃ。何も考えておらん、ただの馬鹿よ。だが、確かにあれならソロモンを救えるかもしれぬの」
「あなたも相当ね。じゃあ独り身の私は彼女を探せばいいのかしら?」
「すまぬの」
「かまわないわ。頼まれなくてもやろうと思ってたし。ところで」
「ああ、うっかりしておったわ」
すっ…とエクスカリバーが右手を振るうと砕かれた鎧に隠れた白銀の眼が両断された
「見られたわね。それとも計算ずく?聖堂すら動かす気?」
「さて、の。だが何処にしろ見つければ何かしらの動きはある。巨人は身じろぎすら地を揺るがすとの通りじゃ」
「そうやって偉大な王すら動かしたと。…まあいいわ、私は信じてるから。ね、盟友」
にっこりと微笑むと戦乙女はゆっくりと姿を消し、やがて少女だけが平野に残された
「ああ、信じている、か。良い言葉よ」
ふう、と嘆息をつき、少女もやがて風に消えていった
十六聖天異聞「聖剣と神槍」

クリムゾンブロウ曰く「マリみて新刊読んだ?」
ブラックパイソン曰く「いや、レイニー止め中」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。