十六聖天外伝 残光 ~第五章 アリス・ザ・ワンダーワールド一章~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ねぇ次郎。ねぇ次郎。ねぇってば!聞いてるの!?」

「あ…。悪ィ。何だ?」

「も~ぅ…知らない!次郎のバカ!」

次郎の隣を歩く少女、アリスは顔を膨らませつつも、何処か楽しそうだ

「次郎様、女の子と出かけている時に余所見は失礼だと思います」

『次郎はいつも食べ物の事ばかり考えている』

アリスの反対側から次郎に声をかける少女
彼女の名は真境名 沙羅。かつて次郎に助け出され、次郎にだけ心を許していた少女。
そして後ろから看板をブンブンと振っている黒い塊。一見すれば歩くゴミ袋
十六聖天の死霊使い。デスメタルである
二人はアリスと次郎に付き添いとして、この場に馳せ参じていた

事のあらましは、一か月前、聖天達に重大な悲劇を起こしたアリスの暴走
そしてその時明らかになった、アリスの素性が原因である

本来ならば、アリスは事後、処分されているはずだった。だが戦いの中
アリスの素性を知った次郎は、それに反発。ブラックパイソンやクリムゾンブロウ等の聖天
士、そしてこの場にいる
沙羅やデスメタルの後押しもあり、最悪の事態は回避された
だが、敵のスパイであった事、そして起こした被害の大きさから、保護観察という名目の監
視がつけられていたのだ

そして、デスメタルと沙羅はせめて監視の任務は自分たちが、と敢てその任務を引き受けて
いる
さらに、敵がアリスを取り戻すかもしれない、もしくは失敗したアリスを処分することも考
えられ
それに対応すべく、後方からはナナエル・そして兄のカイザーが文字通り魔眼を光らせてい

「ねぇねぇ、次郎。それにサラにデスメタル!アリスお腹すいちゃった!」

「お。メシか。そいつァ良いや。丁度腹がペコちゃんになってたんだ」

『次郎はいつもお腹を空かせている』

「次郎様…にアリスは何が食べたいのですか?」

「えっとね~。アリスはね~…う~ん…」


「フッ…呑気なものだな」

千里眼を通して四人を見守っていたカイザーの口調は、何処か優しい

「けど、微笑ましいじゃありませんか。出来れば、何もなければ良いのですけれど…」

「何かあったとしても、彼らには近づけさせんさ。その為のこのカイザー・カイザー・ウェ
ルドバングだ」

「わたくしも微力ながらお手伝いさせて頂きますわ、お兄様」

そういい、兄の手に自分の手をナナエルは、そっと添える
例えどんな敵がこようとも、見逃さない、そして近づけさせない
カイザーとナナエル。魔眼の兄妹。次郎によって兄妹の絆を修復された二人の決意は固い


二人の魔眼には、何の脅威も映っていなかった。今はまだ…


十六聖伝外伝 残光 ~第五章 アリス・ザ・ワンダーワールド一章~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。