十六聖天外伝 残光 ~第五章 アリス・ザ・ワンダーワールド三章後編~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その場には傷ついた女、水を操る少女。そして一匹の獣がいた。腐っても聖天に身を置く身
水を無効化され白兵戦に持ちこまれたネリーに勝ち目はなかった。鎖につながれた鎌が金色に光る
だが、次の瞬間、田中茂の身体は吹き飛ばされていた

「茂さん!」
「大丈夫か。ネリー。私の妹を良いようにしてくれた罰だと思え、人間」
「アリッサ!きてくれたんだね」
「よくも…!よくも茂さんを!」
「しまった、アリッサ!」

アリッサと呼ばれた、アリスに似たツインテールの少女に向けて、ゴールデンアイを放つ

ネリーの虚を完全についた攻撃。だがアリッサと呼ばれる少女には何の効果もない
「茂というのは、そこに転がっているボロ屑の事か?」

ネリーの足もとに転がっていた鎖鎌が蒸発する

「空間ごともお前の光を燃やした。こんな風に、な。所詮その程度の光だという事だ。無駄
な抵抗はやめるんだな」
「だが、待てよ。金色の魔眼にしては貴様の眼は弱すぎる」

ナナエルの髪を掴み上げ、アリッサはナナエルの両眼をじっくりと見ていた

「フ…フハハハハ!お笑い草だなコイツは。ネリー、この女じゃない!
 十六聖天内に所持者がいるのは確かだが、コイツではないぞ!」
「えー…違うの?ざんねん。じゃあ次だね。バイバイ、おねーちゃん」

薄れゆく意識の中、ナナエルは兄の無事を、そして仲間の祈っていた

クリムゾンブロウ曰く「ジャスト3行。見事」
ブラックパイソン曰く「賭けは俺の勝ちだな。早くハーゲンダッツ買ってくれ」

十六聖伝外伝 残光 ~第五章 アリス・ザ・ワンダーワールド三章後編~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。