幸福の王子様


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

次郎が幼少の折に愛読していた絵本
その正体はオスカー・ワイルド原作の絵本である
黄金で出来た王子様が自らの体を、ツバメを介して貧しい人達に与えていく感動の名作である
次郎は幼少の頃、この作品に出会い人に優しく生きようと決意する。
次郎の生き方を決めた一冊である
余談だが田中茂は4歳の頃にこの作品に出会うが、像が喋るかよ、と一笑していた。さすが忍である

クリムゾンブロウ曰く「ツバメと王子様の異種姦物」
ブラックパイソン曰く「ツバメを擬人化するしかねぇ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。