カローラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦国時代にもしあれば、間違いなく鉄のイノシシと称されていた、鋼鉄の荒馬
その正体は、天才鎖鎌使い、忍者田中茂の愛車である
私人としての田中茂、忍としての田中茂
どちらの茂もこのカローラを愛し、常に使い続ける
忍の仕事の時もこれに乗っていくため、戦いに巻き込まれることが多く、ローンが残っていると思えないほど傷を負っている
真の忍とは非情なだけではなく、愛も深いのだ。
愛なくして、真の強さはあり得ないと田中茂の弁である。
茂は今日も、この傷ついた鋼鉄の荒馬を駆り、世を忍ぶ忍びとして影に潜むのだ

クリムゾンブロウ曰く「あ、そこホワイトお願い」
ブラックパイソン曰く「OK」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。