「明楽家」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『法術師』として栄えてきた家系
法術師としての血は年々薄れてきており、現在明楽の法術師は十六聖天裏六位 明楽いっけいしか残っていない
明楽家は法術を「流す」ことが得意な家系で
明楽の始祖は「風」や「水」に法術を流し、意のままに操ったと伝えられている
そのため、始祖は「風水師」とも呼ばれていた

明楽流血闘術は法術師としての力が薄くなった近代の明楽家の者達が生み出した技術
媒体として「風」や「水」より法術を流しやすい「自身の血」を使用する
血が法術を流しやすいのは血=体の一部であるため
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。