アレクサー・リーンヴォード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

元二位で剣皇の異名を誇るほどの達人
現在確認される最後のエクスカリバーマスターであり
誇りと気品に満ちた人格者で十六聖天の鑑と言われている程の男であったが
謎の組織に、洗脳され次郎と戦う事にになる
次郎と違い剣技以外にも雷を操る能力を持っていた
他の能力者と比べると単純な能力であり、また他にも雷を操れる物はいるが
彼の雷術の熟練度は史上最高位SSSクラスであり、それにより自分の体に雷を流し、あらゆる反応を超加速させるばかりか、
彼は戦いの狼煙として高知県を一瞬で壊滅させる。
無敵無敗と呼ばれた彼も、実家を破壊され怒りに燃える次郎の日本刀の前についに膝を折るのだった

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。