アリス・ザ・ミラー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

美しいブロンドの髪が特徴的な、まだまだ幼さを残す少女。
ちなみに十六聖天の中では年齢的には最も若く(見た目だけ若い存在なら他にある)
精神的にもまだまだ未熟な部分が多いが、幼いという事は、それと同時に無邪気な残酷性を持つという事でもあるのだ。

その能力は、その名の通り「鏡」
空間干渉や時間干渉以外の攻撃は、原則的に一切彼女に到達することはなく、増幅して反射される。

実は十六聖天とは別の組織から派遣されたスパイでありその強大すぎる能力はその組織の生態改造によって植えつけられた。
彼女はまだ試験段階であり本来ならは「ワンダーワールド」という能力が追加される予定だったと言われているが詳細は不明。
次郎にその「鏡」を破壊された事により、道具としてではなく普通の少女としての生を歩もうとする。
14位の花子とは年齢も近く仲がいい。
アリス・ザ・ワンダーワールド


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。