明楽こうせつ(あきらこうせつ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現裏六位 明楽いっけいの父
夜は『裏十六聖天』の任務に就いていながらも、昼間は普通のサラリーマンとして働いていた。
その二重生活のせいで息子とはなかなか家族の時間を築けなかったが、いっけいは「日本を守る」という重要な仕事に就いている父を尊敬していた
十年前、十六聖天の任務中に殉職している

なお、いっけいが信念としている『人生とは働いて寝ること』とは、こうせつがよくいっけいに聞かせていた言葉
いっけいは知らないのだが「働いて寝る」の「寝る」は「男女の営み」の意である

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。