ワヌンガ・ジャメ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アフリカ・ジャメ族の若き交霊術師。現代最高のシャーマン。
大地とシンクロすることでその意思を記録し、地球の現状を
調査しながら世界中を旅している。
大四国の誕生、高知の消失、タルタロスの出現など、日本近海から
太平洋にかけての大規模な地殻変動に心を痛めている。
シャーマンといっても古い因習に囚われているわけではなく、
むしろ「郷に入っては郷に従え」を地でいく性格で、世界各地の
文化風習を楽しんでいる。自然と平和を愛する心優しき青年。
華京院家、西園寺家とも交流があり、日本に来た折には
よく茶室を訪れている。
クリムゾンブロウ曰く「キリンさんが好きです」
ブラックパイソン曰く「でも象さんの方がもーっと好きです」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。