のえる・フィオレンツァ=ジュリアーニ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

恭光庁聖堂騎士団所属の特務騎士で枢機卿令嬢
聖天と聖堂騎士団の確執を深める原因となった少女である
栗色の髪に灰色の瞳を持つ日系イタリア人で、正義感の強い真面目な性格は16才とは思えないほど大人びていた
胸元に治癒の聖痕を移植され、癒しの力を使える他、自身の受けたダメージを自動で回復できる
十六聖天との交渉の為に来日した際、「裏十六位を名乗る人物からの接触を受けた」との連絡を最後に行方不明となる

代々枢機卿を輩出してきた名家の出身だが、本人は地位や名誉より信仰の実践を望んでいた
エリート集団の伽藍騎士団ではなく聖堂騎士団に属していたのも彼女自身の意志による所である
(もっとも、枢機卿候補である兄への反発心も少なからぬ理由であったようだが…)
のえる・フィオレンツァ=ジュリアーニ【メイド】

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。