十六聖天外伝 残光 ~第五章 アリス・ザ・ワンダーワールド四章前編~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「沙羅双樹の華が散った、か…」

最後の100円硬貨は無情にも、鋼鉄の箱に飲み込まれていった。何の実りもなく。
ビッグバンの衝撃に匹敵する程のダメージを受け、がっくりと肩を落としながら
次郎は、背後からその様子を見ていた少女達に向き直る

「次郎のバカー。サラとデスメタルが可哀想じゃない!」
『…別にいい』
「気にしないでください」

ウサギのぬいぐるみを抱きながら、不甲斐ない次郎を責めるアリス
小刻みに震えながら、どんな闇よりも暗いオーラを放っているデスメタル
一見、笑顔に見えるも肩を震わせ、よく見ると瞳を潤ませている沙羅
何とも居た堪れない気持ちになり、どうしたものかなと思案していると
次郎が先ほどまでプレイしていたクレーンゲームの台に、若いカップルが硬貨を投入し
あっさりと人形をゲットして去っていく
それが引き金となり、小刻みに震えていた黒い塊から嗚咽が漏れだした

≪うぅ…ック…ヒック…うあぁ…≫
「デスメタル、泣かないで、ね?」
「あ、よく見るとこの人形可愛くないなァ。アリスやっぱりコレいらない!デスメタルにあ
げるね!」
≪い゛らな゛い゛…それは…アリスのぬいぐるみ…!≫
「だって可愛くないし!本当にいらないんだよー!」
「次郎様が取ってくれたのに可愛くないわけがないじゃない…!」
「だって…ねぇ可愛くないよね!次郎!」

頑張って取ったものを可愛くないとか、いらないとか言われて次郎は少し傷ついた
大体そんな可愛くないものに俺の生活費は飲まれたのか…?いや、デスメタルを慰めるため
の方便という事は理解している
彼は十六聖天2位。常人なら致命を免れないダメージを負いつつも、それを顔に出す事はな

「うーん。なぁデスメタル。アリスもこう言ってるんだから貰ってやったらどうだ?」
≪…いいの?≫
「…うん、いいよ!はい、デスメタル」
≪ありが…と…ぅ≫

デスメタルにぬいぐるみを手渡そうとするアリス。だがその手がぬいぐるみから外れない

「アレ…おかしいなぁ。手が外れないよ。チョット待ってね。アレ…アレ…」

ん?おかしいな、と思いアリスを上から見下ろすと、アリスの足もとに水滴がポタポタと落
ちていた

「う…ぅん…おかしいな。アレ…うぅ…離れないよ、離れないよ次郎…」

こっちを振り返るアリスの顔は、涙と鼻水でグシャグシャだった
そしてさらに背後からも嗚咽が聞こえる。本当はほしいのを我慢していた沙羅にも限界が訪
れたのだ

(これが十六聖天関係者が三位一体になって放つ影の闘法…なんて威力だ…)

死ぬか。死ぬか次郎

「次郎さん、ご無沙汰しています」
「あんたは…」

クリムゾンブロウ曰く「痛いけど鼻毛抜く手がとまらねぇ」
ブラックパイソン曰く「長いのが出てくると少し幸せな気持ちになる」

十六聖伝外伝 残光 ~第五章 アリス・ザ・ワンダーワールド四章前編~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。