十六聖天外伝 残光 ~第五章 アリス・ザ・ワンダーワールド四章後編~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

次郎達の背後で彼らをジッと見つめているモノ
彼女こそ、聖剣エクスカリバーと呼ばれ、その名を広く知られる聖剣の精である

「むぅ…ワシも混ざりたいのじゃ。じゃが流石に今飛び出すと、あまりに空気の読めてない
子じゃしなぁ…あやつらめ~…!」

彼女が一人影からコソコソしている事のあらましはこうだ

「むぅ。ジロウ。ワシは暇じゃ。遊ぶのじゃ。そうじゃな。今日はオセロ等を所望したいぞ

「ん?オセロは嫌か?なら七並べでもよいぞ!ババ抜きはすかん。あれは実力など関係ない
からの…ん?」
「おぅバァさん。ジロウなら今出かけたトコだぜ」
「おぉパイソンか。そういえば今日は人がおらんのう。ジロウ達は何処へいったのじゃ」

「同志はお嬢さん方のエスコート。いねぇ連中は大体がその警護ってトコじゃねぇかい?」

「なるほど。例のアレか」

近頃、彼女はマスターのいない身故、消耗するその身体を癒すために、故郷である北欧のと
ある湖に身を癒しに行くことが多くい
その為、当時のアリスの暴走に居合わせておらず、その概要については人づてにしか聞いて
いない

その為、当時のアリスの暴走に居合わせておらず、その概要については人づてにしか聞いて
いない
故に、彼らに聞くまで、そこまで大事になっていたとは思っていなかったのだ

「ふむ。まぁよいわ。今からなら間に合おう。ワシもジロウ達と遊ぶのじゃ」
「おっと待ちなババァ。チョット位気を使ってやれよ」
「そうだぜババァ。ちょっとは年長者らしく振るまいやがれ」
「ババァババァとそれが乙女に対する口の効き方か!えぇい鬱陶しい!そこをどくのじゃ!
ワシは行くのじゃー!」
「傷ついた少女と、次郎と普段あまり接する機会のない、次郎を慕う少女、おまけにゴミ袋

「たまには水入らずで過ごさせてやれよ!」
「…うるさい!ワシだって最近ジロウの顔すら見とらんわい!」

駄々をこねながら暴れまわるエクスカリバー。その時彼女の足もとでパキリという音が聞こ
えた
何か重ねてあったゲームを数枚分で割ってしまったらしい

「チョット待てよ!」
「なんです!?」
「今割れたのシスプリじゃないのか…?」
「そんな…嘘でしょう…!?」

すかさず彼女の足もとに転がる、亀裂の入った黒いCDをPSに読み込ませる二人
だが無情にも、モニターにはディスクを入れてくださいという文字が浮かぶ

「ん?何じゃ…?何か壊してしもうたか…?オイ。なんとか言え」

TVに向かい何かブツブツとつぶやいている二人の肩を掴み、こっちを向かせようとするエク
スカリバー
彼女の見たブラックパイソンとクリムゾンブロウの目は、理性を失った獣。それも最も達の
悪い神域の魔獣の眼、そのものであった

「四葉はもう…兄チャマ、チェキ!と笑ってくれない…」
「亞里亞も…兄や…と微笑むことはない…咲耶!春歌も!千影も!花穂も!衛も!白雪も鞠
絵もだ!」
「白雪と鞠絵はいらねぇ」
「ごめん。間違えた。つい」
「とにかくだ!俺の妹達はここに死んだ。無残にも、兄の眼の前で死んだ…!」
「しかも2も!ピュアストーリーズもだ…!おまけにDVDもだ!もう二度と会えない…。二
度と無邪気なチェキを見ることも」
 「亞里亞のおリボンも探すこともかなわない」
「許さん…許さんぞババァ…ジワジワと嬲り殺してくれるわァーッ!」

むぅ…悪い事をしたの~…と思いつつも、相手は完璧に理性を失っている
これはもう腹を据えて戦うしかない。気絶させれば元に戻るだろう。そう思い彼女も啖呵を
切る

「ほぅ。貴様ら如きがこの聖剣の中の聖剣であるワシに勝てるつもりか!
 大体なんじゃ!いい年して仮想空間に妹等を作りおって。気狂いか!幼女趣味の変質者が


 相手をしてやるからかかってこい!」
「地獄の底で妹たちに詫び続けろォー!そして俺達の事を兄チャマや兄やと呼べババァーッ


「だぁれが呼ぶかァーッ!」

と、まぁこんな具合に内輪もめをしていたせいで、すっかりあの輪に入るタイミングを失っ
てしまった彼女は
そんな具合で次郎一行を「羨ましいのう。羨ましいのう」と独り言を言いながら
電柱の影、自販機の影、建物の影と、自身の大きさを生かし、スパイさながら延々と後を付
け回しているのだ
そんな彼女だからかもしれない。魔眼の兄妹が離脱し、警護の手が緩んだ十六聖天に忍び寄
り敵の影に


「ん…?あやつらは何じゃ。アリスに似ておる気がするが、どうにも嫌な気じゃの」

エクスカリバーは名残惜しい気持ちを押し殺し、恐らく敵と思われるそれらをここで迎え撃

つ覚悟をした
次郎達を守るために

クリムゾンブロウ曰く「タカ君ホントうざい。病気になりそう。心の」
ブラックパイソン曰く「けど、メイドロボは可愛い。1480円の価値はある」

十六聖伝外伝 残光 ~ アリス・ザ・ワンダーワールド四章後編~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。