十六聖天外伝 残光 ~第五章 アリス・ザ・ワンダーワールド五章中編~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宮本武蔵と佐々木小次郎…岩本虎眼と伊良子清玄…歴史上、達人であれば達人であるほど

その勝負はあっけなく、一瞬の迎合で決着がつくものである
今ここで繰り広げられた戦いも、まさに「それ」であった

「無念…じゃ…」

エクスカリバーの細く、小さな身体が地に沈む
彼女の周りに広がる血溜まりから、彼女が戦闘不能になったのは誰の目にも明らかだった

「弱いとは言うまい。だが所詮、主なき聖剣ではこの程度、か。哀れだな」
<あらジーク。もう良いの?この子殺さなくても>
「構わん。無駄足だったな。アレクサーが健在なれば楽しめたのであろうが」
<そっか。けどアタシもその方が嬉しいかな。出来れば生き延びな、ね?エクスカリバー>

今は亡き宿敵を思い浮かべ、ジークフリードは深紅のマントを翻し、その場に背を向ける

せめてアレクサーを倒したという男がいれば、楽しめたであろうに

「ハ、ハン!流石はジークフリード。十大聖天の2位だけはある!素晴らしいよ!お前なん
か彼の前ではゴミさ!」
(くやしいのぅ…すまん。ジロウ…。アレクサー、ワシもお主の居る所に行けそうじゃ)

あー、じゃがアレクサーは高知を破壊しとるし、自分とは天国と地獄で離ればなれじゃのう
、とはいえワシも剣として
数えきれぬ程人を斬っとるから、同じ地獄かのう…エクスカリバーは薄れゆく意識の中でそ
んな事を考えていた
そんな薄れ行く彼女の意識を、狂気を孕んだ声が現世にと薙ぎ止める

「おっと、まだ死ぬなよエクスカリバー!君も一人じゃさびしいよねぇ!だから!だからァ
ー!こいつらも連れていけばいい!」
「…!」

同じ「名前」を持つ姉や妹には、その能力、性格共に小馬鹿にされ、見下され
そんなフラストレーションを「名前」のない妹で発散させてきたレミー
そんな歪みきったレミーではあるが、馬鹿ではない。先ほどジークフリードが来なければ、
自分が呆気なく斃されていた事を内心自覚している
結局一人では勝てないのか、妹を盾にしないと勝てないのか。彼の劣等感は彼をさらなる狂
気に走らせていた
レミーの狂笑で意識を取り戻したエクスカリバーの前で、残ったナンバーズが順番に破裂し
ていく

「どうだい、僕のフロッグ・ザ・フットマン…!あの忌々しい女の欠片だけど見事だろう!
?超音波で内部からボンッ!」

一人、また一人で破裂していき、ナンバーズの血が地面に広がるアリスの血と混じり合う

常人なら辺りに充満する、血や内臓、糞便の臭いで良くて失神、悪くすれば精神に異常をき
たすであろう
そんな地獄絵図に耐えかねてか、ジークフリードを持つ魔剣「グラム」が抗議の声をマスタ
ーにあげる

<ねーねー、ジーク。いいのぉ?ちょっと趣味悪くなぃ?>
「気に入らん。が、グラムよ、構うな」

そう言うジークフリード、彼の拳は震えていたのを確認したのは
果たしてその場にいたであろうか

「やめぃ…!やめろ…お願いじゃ、もうやめてくれ…!」
「聞こえないなァ…。やめてください、だろう?」
「…やめて…くだ…」
「きこえないよォ!」

敵とは言え、幼い子供。しかも恐らくは道具として利用されていただけの子供
持ち主によって能力の性質を変える聖剣エクスカリバー
そんな彼女が、最初のマスターであるアーサー王の「治癒」能力を未だに維持しているのは

彼女が高潔かつ、優しい性格だったからに違いない。そんな彼女には、これ以上この光景を
見る事は我慢できなかった
だが、そんなエクスカリバーを嘲笑、降り注ぐ血と涙で濡れた彼女の顔を持ち上げたレミー

エクスカリバーの頭を地面に叩きつけた

「綺麗な押し花の出来上がりだァー!」

だが、エクスカリバーの頭と地面が衝突した音が聞こえない。
そればかりか、何故か腕が軽い

レミーの腕は肩から先が綺麗に切断されていた

「ふぅ…間に合った。大丈夫ですか?」
<久しいな…いや。始めましてかな、姉上>


エクスカリバーを抱きかかえた騎士がそこに立っていた

クリムゾンブロウ曰く「ヘレンの単行本が出るって」
ブラックパイソン曰く「世界は幸せに包まれてる」

十六聖伝外伝 残光 ~ アリス・ザ・ワンダーワールド五章中編~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。