十六聖天外伝 残光 ~第五章 アリス・ザ・ワンダーワールド五章後編~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(…スコットランド流の闘気…アレ…クサー…?いや、違う…)

自分を抱き上げている騎士は、全身を青く光る甲冑に身を包んでおり誰なのかわからない

だが、エクスカリバーは何か懐かしいものをその騎士と、その剣から感じていた

肩から噴水のように血をまき散らしながら
レミーは狂ったようにのた打ち回る

「え…?え…?ボクの腕…?ボクの腕がアァァァ!」

「君は調子に乗りすぎたんだよ。僕にも兄妹は沢山いるし、本当に五月蠅い子達だけど」

<それに手をかけるなんて、全くもって、クールじゃない。と言いたいのであろう、マスタ
ー>
「え、あぁ…うん。よくわかるもんだね」
<無論だ。で、アレはどうするのだマスター。どう見ても“くーる”ではないぞ>

聖剣が促す方向を見ると、なるほどクールじゃあない。
美少年といっても問題なかったレミーの顔は怒りと憎悪でゆがんでいた

「畜生…!寒い…。血がこんなに流れてる…寒い。お前のせいだ!許さない。許さないぞ…
!」
「困ったな。すいません、エクスカリバーさん。少し、ここで待っていてくださいね」

エクスカリバーさんといわれると、エクスカリ婆さんと言われてるみたいじゃのう…そんな
事を思えるのも
眼の前の騎士が現れ心に余裕が出来たからだろうか?
騎士は、床に敷いた自身のマントに、エクスカリバーを横たわらせると眼の前の狂人に対峙
した

「死ね!死ね死ね!破裂しろ!砕け散れ!内臓ブチ撒けやがれェーッ!」

音を操り、その振動で相手を内部から破裂させるフロッグフットマン。音速の槌が騎士に向
けて振り下ろされる…事はなかった
正確には彼のフロッグザフットマンは、発動すらしなかった。
レミーがこの世で最後に認識したもの、それは鍔鳴りの音だった

<クールに決めたぜ。と言いたいのであろう>
「だから僕の台詞取らないでよ」
<だが気立ての良い女というものは、主人の事なすべきことを察して、手間を省くものだと
マスターの母上が>
「え?君、女だったの…?」

そんな戦いの一部始終を見ていたジークフリードの髪の毛が逆立つ
流れるような剣だった。的確に急所に滑り込み、一切の無駄がない
この男強い…。“人間”相手に久しぶりに血が滾るのを感じる
<アレ?ジーク、闘るの?アタシ、あんまり聖剣と戦いたくないんだけどなー 刃こぼれし
たらヤだし>
「構えろ、小童」

愚痴る剣に耳を貸すこともなく、ジークフリードは騎士に剣を向ける

<ファーック!性別すら気にされてなかったぜ!ジョン表へでな!ファックしてやるぜ>

「…大丈夫かい?アロンダイト…。きっとママのせいでつかれてるんだよ君は」
<うるせェーッ!話を反らすんじゃねーぜェーッ!>
「クソ!なんだよ!どうしたっていうんだ。まるでママじゃないか!正気に返ってよ!畜生
ママめ!僕のクールなアロンダイトを返せ…ファーックション!」
<…!畜生、この症状は間違いなく風邪と呼ばれるそれだよ。間違いない。ネス子に付き合
って本栖湖でゆっくりした結果がコレだよ!
万病の元とされる風邪だ!家に帰ったら暖かくして、イソプロピルアンチピリンなんかが含
まれた薬を摂取して安静にしないと。
そして即、明日は休みをもらって病院に行こう。絶対行こう。絶対にだ。とでも言いたいの
であろう。マスター>
「…元に戻ったんだね!良かった…!お帰りアロンダイト!」
<ただいま、マスター>

背後に立つジークフリードの会話など全く聞いていないかのように
騎士と剣は言い争っていた

<アハハハハ。ジークったらまるで無視されてるみたい!おっかしぃ>
「グラム、今、あの小童はアロンダイトと言ったか」
<え、あぁうん。そーだね。へー アロンダイトって自我がないって聞いてたけど、あのコ
が目覚めさせたんだ>
「面白い…」

そう呟くと、ジークフリードは聖天の目を持ってしても知覚できないほどの速度で
騎士に斬りかかっていた。光と光が交差し、火花を世界を白い閃光で染める
世界が色を取り戻した時、そこには二人の剣士、そして聖剣と魔剣がしっかりと結びあって
いた

「ふぅ…」
「ほう。致命の一撃を全て防いだか、大したものだ小童」
「…危ないな、いきなり斬りかかるなんて」
「並の剣客なら剣ごと両断される一撃を十三度防いで、その余裕。面白い」
<全然本気で掛かってきてない癖に、よく言う。そう言いたいのであろう、マスター>
「だから僕の台詞を取らないでくれないかな…!」

そう言いながら騎士はジークフリードを押し返し、同時に後ろに飛び間合いを取る
―ビシッ ほぼ同時にジークフリードのマントを止めていた留め具が砕け、騎士の頭部を覆
っていた兜が真っ二つに両断される
兜の下から現れた騎士の顔にも、ジークフリードの顔も笑みが浮かんでいた

「ほう。若いな」
「魔剣グラム…あなたがジークフリードか」

騎士に向けて剣を振るという形で、ジークフリードは肯定する
それに応じる形で、騎士も自ら名乗りをあげようとする、が

<失礼した。聞く前に名乗るが騎士の道であったな。我が名はアロンダイト。そして我がマ
スターのジョン・ランスロット我々は>
「チョット待ってよ!君は何処まで僕の台詞を奪うんだ。ここはクールに自己紹介しあう場
面だろ!それはクールじゃないよ!」
<だがしかし、マスターの母上は…>
「少し黙ってて!」
<不本意だが致し方あるまい>

「ごめん!もう一回やり直させて!」
<それはクールなのか?」
「うるさい!」

ゴホン、と咳を一つしジョンは気を取り直してジークフリードに向かい、改めて名乗りをあ
げる
その際、アロンダイトが咳に反応して<マスター、風邪か?>等と話しかけていたが、この
際無視する

「僕はジョン・ランスロット。この聖剣アロンダイトのマスターさ」
<それさっき、その剣精さんが言ったじゃなーぃ>
「う…。 僕達は貴方がかつて倒したファーブニル…つまりはモッシーの縁者さ。というよ
りその上の」

「ネッシー、か。なるほど貴様はヤツを守護する湖畔の騎士か…!名ばかりで実像の見えぬ
騎士だったが
 まさか聖剣の使い手だったとはな…!面白い!」
「あんまり僕としては面白くないんだけどね。風邪気味だし。早く帰って薬飲みたい」

(なんじゃと…ネッシー…?母上の騎士…?あの男が…。そういえばあの剣、先ほどワシを
姉と呼びおった気がする…)

横たわりながら、二人の会話を聞いていたエクスカリバーは、その事実に驚きを隠せずには
いられなかった
同じ聖天に属していながら、ネッシーとはもう数年顔をあわせていないし、アロンダイトに
限っては数百年ぶりの再会
よもは母がアロンダイトのマスターを騎士にしているとは…

「貴様とはいずれ本気で死合いたいものだ」
<アレ?ジーク、戦っていかないの?>
「そこに余計なものがいては、その男は本気で戦えまい」
<ふぅん…まぁいいけどね。命拾いしたね。エクスカリバァー?>

そういうと、ジークフリードはエクスカリバーに目を向ける

「話が早くて助かります。出来たらもう来ないでくれると嬉しいんですけど…」
「楽しみにしているぞ。小童」

そう言い残すとジークフリードは灼熱の火球となり、天に昇りその場から姿を消した

「ふぅ…。人の話聞くタイプじゃないよね、あの人。クールじゃないよ」
<命拾いしたな、マスター>
「まぁね…。まだまだ僕じゃ勝てない」

そういうとジョンの頬を冷たいモノが伝う
剣の腕ではそこまで差はないかもしれない。だが少なくとも彼は先ほど
火の力を使っていなかった。あれを使われたら、どうなっていたか分からないほどジョンは
子供ではない

「お主本当にアロンダイトなのか…?」
<いかにも。しかし姉上、再開を喜ぶ前に、その少女と、この事態をなんとかするべきであ
ろうな>
「うむ…そうじゃの」
(ジロウ…無事でいてくれ…)

エクスカリバーは神と呼ばれる存在に祈った
だが彼女は知らない。人類の歴史上全知全能の神と呼ばれる存在こそ、自らの組織の裏一位
であることを


クリムゾンブロウ曰く「1月まで冷凍冬眠してぇ」
ブラックパイソン曰く「ヘレン1巻出るまで生きてる価値がねぇ」

十六聖伝外伝 残光 ~ アリス・ザ・ワンダーワールド五章後編~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。