淑女賓乳論


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界十三乳連盟にて長らく物議を醸し出していた理論
「20代後半の処女が乳の小ささに思い悩む姿こそ理想」と断じ、他を「ロリコン」だの「下品」だのと散々に扱き下ろした攻撃的
な内容である
現No.13のJ氏が会合参加初日に行った、「その理屈はおかしい」で始まる反論演説により敢えなく論破された
これにより貧乳ババァの時代は終焉を迎え、またJ氏は一躍、期待の新星として連盟に迎えられたのである

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。