十六聖天外伝 ハロウィンの章 死霊使いと未知との遭遇編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ンだよこのカマ野郎…!何がメイドロボちゃんだ。殺すぞコラァ!」
「おい兄弟。またガキが来たぜ。全く子供は可愛い。お菓子はどこだい」
「ん?もうゴディバのチョコとか無くなったのか…予備の戸棚の奥に予備のオレオがあったはず」
「ん…?あぁ、あった。よし坊やにお嬢ちゃん。このカッコイイお兄さんと、奥でエロゲやってるお兄さんからコレをあげよう」

「チョット待てよ!?」「何です?お兄ちゃん」
「オレオだ…」「そんな…ウソでしょう!?」
「僕達が出しゃばるより親に報告した方が得策だ」「オレオを貰ったとあっては、近所の子供たちが黙っていませんね」
「ありがとう、おじさんたち!」「エロゲも程々にしてね。子供に手を出しちゃだめだよ!」
「オレオォ!ボクのオレオォ!」「お兄ちゃん、私のオレオォ!」

「全く子供は無邪気だなぁ。家の中にまで聞こえるほどの声でオレオと叫んでいるぜ」
「オレオなら仕方あるまい」
「オレオ大人気だしな。オレオ一つで戦争が起こる世の中だし仕方ない」
「ところでブロウ、そんなエロゲーで気を悪くするより、コイツをやろうぜ」
「それはリトバスEx通常版…!買ってきてくれたのかい!?好きだァーッ!パイソン好きだァーッ」
「ハハハ、こやつめ」

笑い声の絶えない家がありました。子供達も喜びながら、家から出て行きました
どんな家なんだろう…。今日はせっかくのハロウィン。勇気を出して呼び鈴を鳴らしてみよう

クリムムゾンブロウ曰く「ぶっちゃけそんなにオレオ好きじゃねぇ」
ブラックパイソン曰く「オレオよりじゃがりこのがうれしいわ」

十六聖天外伝 ハロウィンの章 死霊使いと未知との遭遇編 完
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。