“社長”中村回答(なかむらかいと)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A高校の生徒会副会長にして、殺人公社「ダンタリオン」の社長
いっけい、花子、アルゲマイネとはクラスメート
表の顔と裏の顔を使い分けており、学校では疎まれもせず慕われもせず目立たないように行動している
副会長の地位に就いたのもNo1ではなく、NO1に仕えるNo2という地位に就くことで自分を注目されないようにするため
高校生にして「ダンタリオン」の社長となったのは、前社長であり父親でもある中村問答(なかむらもんど)が『仕事』の際に死亡したため
裏の顔を持つ者同士だからか、明楽いっけいの仕事、アルゲマイネの正体、文字 演の本性などには感づいているが
目立たないように学校生活を送るため、気づいていないふりをしている
殺し屋だが偽善者でもあり、依頼に不条理を感じたときは
依頼主には内緒で依頼対象を逃がしたりしている

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。