恋せよ乙女


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

拳「あ、あああああのっそのぉっ……!
あ、あ、ある……じゃねぇ……な、ナッシュさん……
お、お願いがあるんす!! 押忍!」
盾「……お願い? 俺にか……?」
拳「お、おう! じゃなかった、はいっ!
……ナッシュさんじゃないと、ダメなんだ……です」
盾「そうか。
……聞くだけは聞いてやる。だが、俺は出来ない約束はしない主義だ」
拳「おう、十分だ……です。
あの……こ、今度の日曜日に……だな。 お、俺さ……オレ……じゃねえ私!
私と……その……あの……えぇと……」
盾「長くなるなら後で聞くが?」
拳「うわぁ待って待って!? 大丈夫、すぐに済む話だから!!
ほら、アレだよ……です。あの……で、で、でででで……」
紅「デ○デ大王?」
黒「何その前座」
拳「違うッッ!! デデ○大王じゃなくてデートだよデート!
日曜日に私様とデートして下ひゃい!!
……って、~~~~っっ!!!?」
盾「ふむ……。
……済まんな、日曜日は先約がある」
拳「…………。
そ、そうだよなですね……ある、ナッシュさん強くて格好良いし……
で、でも俺様は応援するです! かかか彼女と、お幸せに……っっ」
盾「……勘違いするな、仕事だ。
それと……今度の日曜日は無理だが、次の日曜日なら空いている」
拳「大丈夫だいじょうぶ、俺様これでも打たれ強い方だし失恋くらい……
失恋、くらい……うぅっ。
……って、え??」
盾「聞いてなかったのか?
来週なら付き合ってやると言ったが
ついでに、ナッシュではなくアルスラーと呼んで良いと言った筈だ
……恋人というのは、そういうものなのだろう?」
拳「……~~~~☆□○×△◇ッッ!!!?」
盾「ん、どうした?」
拳「…………」
紅「気絶してるな、立ったまま」
黒「これだから新兵は使えねぇ」
盾「器用な奴だ。
……ところで、さっきからお前等は何をしてるんだ?」
紅「決まってるだろ、ガ●プラだぜ」
黒「今日こそダセェ顔の00を修正してやんよ!」
盾「食堂に迷惑だ、余所でやれ」
紅「なら仕方ねぇ、来週だ」
黒「来週が待ち遠しい」
盾「そう、だな。
俺も来週が楽しみだ……」

恋せよ乙女fin


拳「あるしゅ……アルスラーさん。
何を作ってるんだ……です?」
盾「あぁ、これか。 ガン●ラ、と言うらしい。
……昔、古い馴染みが作り忘れやがってな
それと、無理な敬語は使うなと言ったぞ。
お前はお前のままで、十分に魅力的だ」

恋せよ乙女(おまけ)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。