十六聖天異聞「軍人と悪魔」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「そこのかっこいいお兄さん、私とイイコトしない?」
「おやおや、誰かと思えばあいかさんじゃないですか。こんなところでナンパですか」
「ほえ?……あ!秋太郎さん!?何でこんなところに?」
「それはこっちの台詞ですよ。まさかこんなところでナンパされるとは思いもよりませんでした」
「ちーがーう。ナンパじゃなくて売春」
「せめて援交くらいに留めませんか?」
「秋太郎さんこそ、こんなところで売油ですか?お姫さまはほっておいていいんですか?」
「辛辣だな君は。今日はちょっと野暮用でね。お嬢はお友だちのところさ」
「ひょっとしてあの頭陀袋のとこですか?」
「辛辣どころか失礼に当たるぞ。あの子だって…」
「アレは嫌いです。具体的にはゲイの腐れたチンポくらいに」
「まあ別に他人の好き嫌いをどうこう言う気はないがね。それでもその物言いはどうかと思うよ」
「大丈夫ですよ。第三者の前では言いませんから。それより、シていきませんか?」
「悪いね。今日は急ぐんだ」
「でもお連れさんは興味津々みたいですよ?人気のない場所もこの近くにありますし」
「やれやれ、お見通しか。だがあれは私がけりをつけなきゃならない相手だからね。君に任すわけにはいかない」
「お堅いですね。あっちの方もそれだけ堅いと嬉しいですけど」
「……ついて来るなと言っても、聞く気はないみたいだな」
「いい男にはホイホイついて行く。この世界の常識です。そうですね、あの公園ならどうですか?ちょうど今の時間なら人いませんよ」
「やれやれ、女の子にそこまで気をつかわせては断れないな」
「そろそろ出てきたらどうだ?」
「別に隠れてる気は無かったがな。おっと、最初に自己紹介しておこう。俺は須田永法。趣味は野球だ。つーわけで、死ね!!一本足打法!!」
「足元がお留守ですよ」
「なっ……ぐわぁぁぁ!!」
「なんていうか……あっけないですね」
「まさかこんなにひどいとは思ってもみなかったな」
「くっ、てめえら……メスガキだと思って手加減してやったが、もう許さねえ。ギッタンギッタンにしてやらあ!!トルネード打法!!」
「足元がお留守ですよ」
「なっ……なにぃぃぃ!!」
「学習能力が無いんですね」
「帰ってもいいか?」
「馬鹿なっ!!馬鹿なっ!!俺の最終奥義が敗れただとっ!!てめえただのメスガキじゃねえな!!ま……まさか裏十六聖天第2位の……ロッホ・ネス・モンスター!?……さすがに、俺がかなわねえわけだ。だがな、俺だってただじゃ死なねえ!!へへ……見えるかこの笛が。こいつを吹けば俺の8人のチームメイトがやってくる。1人1人の力は弱いが、チームワークでてめえらを倒す!!余裕ぶってるのも今のうちだ!!ピイィィィィ!!……何故だ!!何故来ない!!俺のチームメイト!!」
「悪いがお前のチームメイトは壊滅した」
「な……なにぃ!!て……てめえは永一兄ぃ!!なんでこんなところに」
「お前を連れ戻しにきた。行くぞ」
「ふ……ふざけんな!!このままやられっぱなしで……」
「五月蝿い」
「げふぅ!!ば……馬鹿な……たかが念力パンチの一撃でこの俺が……がく」
「全く、手間をかけさせる。……ああ、すまなかったな君たち。お楽しみを邪魔して。僕たちはもう帰るからごゆっくり。行くぞ力王」
『ブオォォォ!!』
「行っちゃいましたね」
「何だったんだろうな」
「とりあえず馬鹿なのはわかりました」
「一回限りの登場には惜しいな」
「そう思うのは書きあきだけですよ。逆に一回限りだから良いというのもあります」
「どっちにしろ今日はもう疲れた」
「甘いものでも食べに行きますか?」
「それなら奢らせて貰おう。付き合わせてしまったからな」
「個人的には突き合う方が良いんですが、まあ今日はクレープで我慢しましょう」
「助かるよ」
ちなみにこの後児童売春で徳間さんが捕まるのは別のお話
十六聖天異聞「軍人と悪魔」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。