十六聖天外伝 残光~序章~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雲ひとつない澄み渡った空
以前はこれくらい晴れていれば、彼の故郷のある島が見えていたのだが
今やその島は、別の島と入れ替わり、彼の故郷など、もうこの世界の何処にも存在してはいない
眼の前に広がる景色は彼の知らない海、彼の知らない島である
「…先輩。いい加減出てきたらどうですかね」
「気配、殺してたつもりだったんだけどな」
背後で苦笑を浮かべている男は元十六聖天十六位の男、田中茂
そして、眼下に海を見据える男は十六聖天二位、佐藤次郎
「変わっちまった、な…」
「…この海はなんて言うんでしょうね」
本州最西端である兵庫県。本来あったはずの中国地方は宙を舞い
四国は自分が原因とも言える戦いで、焼失。そしてオーストラリアが新しい四国となった
ならばこの、最西端から見える海は何なのだろう。瀬戸内海なのだろうか。日本海なのだろうか
気づけば次郎は自嘲気味に呟いていた。自分がきっかけになったという責任を感じているのだろうか
「海は海さ。この広ェ海、全部繋がってんだぜ。お前が故郷で見てた海も、この海さ」
自分も器用な方じゃないとはいえ、下手な慰め方だな、と次郎は思う
だが、それでも、この不器用な先輩を次郎は決して嫌ってはいなかった
全てのきっかけとなった男だとしても
「っと、もうこんな時間か。仕事だから俺は行くぜ。乗ってくか?」
そういいながら、ボロボロのカローラを茂は指さす
「…いえ、もう少しここで風に当たってますよ」
「そーかい」
そう笑いながら茂は腕をヒラヒラと振りながらカローラと共に去って行った
「ありがとよ、先輩」
(アンタと知り合って、このワケわかんねぇ組織に入ってから色々あったな…)
次郎の脳裏に戦いの記憶が蘇る…

クリムゾンブロウ曰く「海中での放尿は基本行動だ」
ブラックパイソン曰く「譲れねぇ」
十六聖伝外伝 残光~序章~ 完
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。