淫獣vs屍姫~その零の巻~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

事の発端は、デスメタルの受けた任務であった
『……誘拐、事件?』
「Yes,yes,yeeeehhhs!! summer頃から既にmany人数が被害遭ってマース! トムデース!!」
『犯人の目星は?』
「着けてありマース! 犯人はmaybe“the Lair”綜弥 蛭宮(ノブヤース ヒルミーヤ)いうold manデース!Some組織のagentデスネ
ー! トムデース!!」
『トムトムうるさい。それで能力の詳細は?』
「Oh,shit! ですがhis abilityの詳細、不明なんデスネー……」
『無能』

「Fuckin' your rap!! あと不明言ったreasonはvery easy!
……蛭宮の起こした事件は、痕跡がtoo manyなんデスyo!」
『多すぎ?』
「YES! 現場をresearchした者の話では、poison,acid,claw…etc.
とにかくso manyなabilityをuseの痕跡アリマシター!」
『複数犯?』
「残念ながら違いマース! 一度だけ被害者がrescueされた事ありマース!
But、精神崩壊したher memoryの断片からは蛭宮以外の痕跡見つかりませんデシタ!」
『一人で複数の能力……?』

「Ifそうならso dangerousデーズ! それでyouをcallしたデスネー!
Because, Your abilityならalwaysにmany on oneのbattleがpossibleデース!」
『……イライラするから日本語でenough!』
「要するに、『戦いは数だよ兄さん』という事デース!」
『了解。ちなみに潜伏先は?』
「Researcherの報告から、この郊外の廃hospital、もしくはこちらの廃factoryと推測してマース!
派遣はyouがhospital、CrimsonBlowとBlackPythonがfactoryデース! You understand?」
『わかった、行ってくる』
「Good luck, DeathMetal」

こうして、黒衣の死神は戦いの場へと赴いた
今はまだ、その先に待ち受ける悲劇を知らぬままに……

淫獣vs屍姫~その零の巻~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。