十六聖天外伝 残光~三章・後篇~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黒い何かは、ゆっくりと自分たちに近づいてくる
どうやら、それは黒いローブを着た酷く小さな人影であるらしい

「我らとて好きで来たわけではない」
「左様。上からの命令。勘違いするな」
≪余計な…世話…だ≫

合成音なのだろうか。酷く人間離れした、聞いた者の背筋を寒くするような声
死者が喋るとしたらこんな声なのだろう、そう思わせるような声を発しながら、“それ”は次郎を見て言った

≪彼は誰だ…≫
「彼は佐藤次郎」
「あの田中茂の代わりにこの度十六聖天に入った兵よ」
≪あの…茂を…≫

“それ”の声に俄かに驚きの色が含まれていた。無理もない
田中茂…。かつて十六位だったその男は、天才的な鎖鎌の使い手として恐れられた男
代わりに入った、という事はそれを上回る才の持ち主という事だ

「…あぁ、俺は次郎ってんだ。佐藤次郎、よろしくな」
≪…デスメタル…人はそう呼ぶ…≫
「挨拶がすんだようだな。ならば次郎」
「ここはもうきゃつめに任せて、行くぞ」

さっき死体が起き上がるのを見てしまった
次郎はそれを見て黙って立ち去るような性格ではなかった

「いや、俺はせっかくだしもう少しここにいるよ」
「!?」「!!」≪!?≫

クリムゾンブロウとブラックパイソンの顔に驚愕の色が走る
何故かデスメタルも驚いていたような気すらする
だが、次郎は意に介した素振りすらなく、ニコニコしている

「…もの好きだな。喰い殺されてもしらんぞ」
「リトルバスターズエクスタシーが発売される。死ぬのではないぞ」

そう言い残すと、二人の気配が一瞬で消える
リトルバスターズにエクスタシーが…?なんだエクスタシーって…
それはそれで酷く気になるが、次郎はとりあえずデスメタルに注目する事にした
パイソンとブロウは起き上った死体を見て、それがデスメタルの能力と言っていたはずだ

≪何を…じろじろ見ている…≫
「ん?あぁ、気にすんな」
≪…気が散るだろう…≫
「まぁまぁ」

そう言いながら、次郎はデスメタルの作業を眺めていた
だが一向に死体が動かない。先ほど動いたはずの死体も、地面に横たわったままだ
あれだけ歯型がついてるって事は、間違いねぇハズなんだけどなぁ…

「…」
≪…≫

無言の時間が流れる。気まずいとは思わないが、少し時間が勿体ない
思い切って次郎は聞くことにした

「なぁ、お前ゾンビとか操れんのか?」
≪…! そ…そうだが何か?≫
「…」

黙り込む次郎を見てデスメタルは内心ショックだった
嫌われるのは慣れているとはいえ、やはりそんな反応をされると悲しい
だがそんなものなのだろう

「…げぇ!すっげぇ!ゾンビだよゾンビ。本物?本物だよな。すげぇよマジで!」
≪キャ…!≫

諦めにも似た感情で、次郎に背を向けようとした時
次郎が大きな声で叫びだしたので、デスメタルは驚きのあまり
女の子のような声を出していた。だが、幸い次郎はそれに気付く事もなく
すげぇすげぇと叫んでいる
…すげぇ? 何だ。この反応は

「いやー 俺ゾンビ大好きなんだよ。ホントすげぇ、感動した!」
≪…≫

自分の能力を好きだと、この男は言う。予想外の言葉にデスメタルは混乱していた
混乱のあまり、地面に退避させておいたゾンビやら地霊やら亡霊が溢れだす

「何だこりゃ?」
≪地霊…とか…亡霊…≫

地霊や亡霊を見て次郎が首を傾げる次郎に、デスメタルは説明してやる
亡霊や地霊、霊的な物質も操るのがネクロマンサーだ、と

「地霊!そんなのもいるのか!」

全く説明など聞いていないように、次郎はアンデッドの中にダイヴしていた
初めて見るタイプの人間…。今は亡き父や母の言葉を思い出す

「泣かないで、いつか、貴女の力を理解してくれる人がきっとくるわ」
「お前の能力は、本当は凄く優しい能力なんだ。だから涙を拭きなさい、いいね」

「なぁデスメタル…だっけ。バタリアンはいねぇのかな。バタリアン」
≪…? いないと思う…≫
「ガーン、だな。けどまぁ、こんだけいりゃ十分か! 賑やかでいいなぁオイ!」

眼に熱いものがこみ上げてくる。私は泣いているのだろうか
おとうさん、おかあさん、りかいしてくれるひとが ひとりみつかったかもしれません
その日、デスメタルは仮面の下で目が真っ赤になるまで泣き続けた


『次郎には感謝してる』
「お、今度はうまく書けたじゃねーか」

褒められた。少し嬉しい

「エルゾンビは、ロメロとは違うアプローチでだな」
『前に貸してくれたゾンビVS救急車はバカゲーだった』
「デッドラしたいんだけど金がねぇんだよなぁ」
『私もない
「あ、デスっちに次郎さんじゃないッスかー!」

こちらの姿を見かけたのか、花子が手を振って駆け寄ってくる
その後ろには西園寺とトムの姿も確認できる。どうやら観光から帰ってきたようだ

「あらまぁ、こんな暑いトコで御苦労様ですなぁ…」
「HAHAHAHA。時を止めて放置してオブジェにするのデース」
「あきませんよ、兄さん。そないな事したら」
「HAHAHAHA。冗談デース。アメリカンジョークデース」
「全然アメリカンジョークじゃないッスよ」

他愛もない話をしていると、遠くから声が聞こえてきた
何人かの聖天が観光から帰って来たのだ

「じゃあデスメタル、部屋行っか」
『はい』

デスメタルは、ずっとこんな幸せな時間が続いてほしいと願った
そして次郎は夕食のおかずが気になって仕方がなかった

クリムゾンブロウ曰く「パクられた!自転車のロケットカウルと三段シート!」
ブラックパイソン曰く「自転車ってお前のママチャリの?マジかよ」

十六聖伝外伝 残光~三章後編~ 完
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。