ビーストハザード外伝 ~神獣、動く~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―地球地下70キロメートル。マントル層直上

『流石ティターンの末裔。大した力よ』
『うむ。両者とも六大聖天を前にして一歩も引かぬ。流石という他あるまい』
『算多きは勝ち、算 少なきは勝たず。而るを況や算なきに於いをや』
『誰の言葉だい、インドラ』
『長卿…つまりは孫子さ』
『それはそれは』
『ガネーシャは先にいったようだ』
『益荒男よ』』

『さてヴィシュヌ、我々も行くとしようか』
『承知した、ブラフマー』
『シヴァ、貴公は』
『心得ている』
『『散』』

その言葉を最後に、その空間に立ちこめていた異常な気配は
まるで幻だったかのように消えていた

『我がラストバタリオンの前に敵はおらずよ!逝けィ!人類共!滅び去れ文明!』

そう叫ぶのはビーストハザードの一人、日本ミツバチのビルケナウである
彼の指揮する直属兵団、ラストバタリオンの生みだす蜂球は、人類を、そして文明を包みこみ原子の塵に変えていく
養蜂家にこき使われ、道具として切り捨てられてきた仲間の恨みを晴らすかのように
その行動には一切の迷いがない

『待て!これが地球の!母なるガイアの意志だとでもいうのか!』

そんなラストバタリオンの一角を切り裂いて、灰色の巨体が躍り出る

『ほう…君は六大聖天の熊か。こんな所で名高き森林の王、熊に出会えるとはな』
『そんなことはどうでもいい!これが本当に母なるガイアの意志だというのか!』
『クレイオス殿の宣戦布告を聞いていなかったのかね、君は。君の自然の代弁者ならば我らにつけ』
『…それはできん!』
『おかしな話だ。母なるガイアが最初に生み出した
 人類の抑止力である君が、同じ存在である我らに牙を剥くと?』
『確かに人類は邪悪だ。自然を破壊する。同族で殺し合う。だが、それと同じくして
 どの生き物よりも、他の生物にかける慈しみや愛情を持っている…!』

熊の脳裏には一人の少女の姿が浮かんでいた。かつて自分の傷を癒してくれた
銀髪の少女。その少女の名は―

『だがそんな温かさを持った人類が、地球さえ破壊する!それをわかるんだよ熊』

ラストバタリオンが熊に襲いかかる。だが熊にとって蜂の巣は好物
そんな蜂が生み出す原子分解など驚異ですらない

『そんな理屈!私の道理でこじ開ける!』
『何、馬鹿な…!』

熊の鋭い爪が、ビルケナウの身体を捉え、切り裂く
勝負は一瞬で決したかに思えた。だが地面に倒れたのは熊の方だった

『ビルケナウは同志。殺させはせぬ。だが案ずるな。我が爪は人類以外その手にかけず』
『ガネーシャ様…』
『今は休め、ビルケナウ。ロイヤルゼリーでも食らって…な』
『…面目次第もございません』

ガネーシャと呼ばれたそれは、一陣の風をまといその場から姿を消す
薄れゆく意識の中で、熊は思う。今の男…まさか…

クリムゾンブロウ曰く「プール、か。往くか、友よ」
ブラックパイソン曰く「老師、お供つかまつります」

ビーストハザード外伝~神獣、動く~完
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。