教えて天才先生 第十三話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

先生1号「教えて!」
先生2号「…」
先生1号「アレ?2号?2ごーう。どうしたんッスか?」
先生2号『気分じゃない』
先生1号「わわ…2号がグレたッス…」
先生2号『じゃあ』
先生1号「…わかったッス…」
謎の発光体「ヘェーイッ!小娘。この俺を雇うんだぜ」
先生1号「だ…誰ッスか?」
ママ「ママだぜ!」
先生1号「…背に腹は変えれないッス!よろしくッス、ママ先生」
ママ先生「ママに任せれば何の問題もありやしねーぜッ」
先生1号「えーっと、質問が来てるッス」
ママ先生「構わないんだぜ」
先生1号「『じゃあ最近のチャンピオンについてで一つ』との事らしいッス」
ママ先生「ピーチクパーチクうるせェー」
先生1号「え…」
ママ先生「そんな些細な事より、テメーらはこの国の将来を案じるべきだぜッ」
先生1号「あの…でも、ここは疑問に回答して謎を解き明かすコーナーで…」
ママ先生「わかった。ならママのクエスチョンに答えるが良いんだぜ」
先生1号「え…あの…趣旨が違」
ママ先生「巨万の富がほしい」
先生1号「えーっとッスね…」
ママ先生「どうした。答えないのか。ママは巨万の富を欲しているんだぜ。楽して富を得てェ」
ママ先生「具体的には、この宇宙が欲しい。さっさと方法を提示しやがれだぜ」
先生1号「あの…」
ママ先生「ヘェーイ小娘!テメェーこのママを騙しやがったのか!」
先生1号「…うぅ…怖いッス…誰か助けて…」
ママ先生「ヘイ小娘、路地裏に掘りこむから見知らぬ悪漢にファックされてきやがれだぜ」
先生1号「誰か助けて…!」
ママ先生「…このスコットランド粒子の量…間違いない、奴か」
奴「ママァーッ!何してるんだァーッ!」
ママ先生「ジョンだぜ」
ジョン「ジョンだよ」
ママ先生「ヘイジョン、ママに何か用事でもあるんだぜ?」
ジョン「女の子を泣かすなんて、騎士として見過ごせないよ!なんてママなんだ。クールじゃないよ!」
ママ先生「ジョン、声がデケェ。近所迷惑だ。ママはそんなボーイにしつけた覚えは一切ないぜ!」
ジョン「そもそもロクに育てられた覚えも躾られた覚えもないよ!ふざけるな!今日こそ決着をつけてやる!」
ママ先生「やるのか、このママと」
ジョン「やってやるさ!このママ野郎!もう昔の僕じゃないって事を見せてやる!」
先生1号「行っちゃったッス…何だったんスか…」
あかうで先生「ねぇねぇ」
くろへび先生「こっちだ1号」
先生1号「そんな端っこでどうしたんスか?」
あかうで先生「いや、なんか怖いのがいたから」
くろへび先生「部屋の隅でガタガタ震えて命乞いの準備してた」
先生1号「怖かったッス…」
あかうで先生「最近のチャンピオンについて、か」
くろへび先生「ヘラクレススピリッツが意外と好きだ」
あかうで先生「だが、意外ととしあきに酷評されてて、ショックだった」
くろへび先生「所詮、我らは十六聖天。一般人と分かり合えるはずもない…」
あかうで先生「エロバレー2は申し分ないエロさだ。だが俺は虫が怖い」
くろへび先生「芋虫とか勘弁してくれ。30代のババァ並に醜いモンスターだ」
先生1号「ところで何か太ったッスか…?お腹パンパンッス」
あかうで先生「なぁに。小学校のプールと市民プールを終わらせてきた」
くろへび先生「なかなかに程よい酸味だった」
先生1号「え。この季節って藻とかボウフラとか凄いし、男の子ってプールで平気でおしっこするッスよ?」
あかうで先生「ちょっと待てよ!」
くろへび先生「リアクションは後だ!それより早くトイレに…いそげ!」
先生1号「また一人になったッス。寂しいよぅ…」
覆面先生(あの変質者との争いに時間をかけすぎたわ…)

クリムゾンブロウ曰く「男子の存在を失念しておったわ…!」
ブラックパイソン曰く「チィ、タイガーならあるいは喜ぶところであろうが、な」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。