いっけい伝説 覚醒する血筋


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

くそ!どうすればいい。止らない。手が止まらないんだ!!
彼は一人、闇の中で声にならない声をあげた
エース・ザ・フォーカードに散らされた純潔
そして教え込まれた雌としての喜び
彼の中の雌が、快楽を求め、彼の中の雄を殺し
ただひたすら快楽を求めさせる
畜生・・・くやしい、でも・・・
どうしようもない。ただひたすら、女となった部分を彼は自分で責め立てる
自分は狂っているのだろう。もう何もかもがどうでもよかった
その為に金沢を買おうとし、破産し
募金もなさず、大事な人にも見放された
それでも、自分を責め続けるこの手を止めることはできない
      • もう、どうでも
「諦めるな!いっけい!」
「だれ・・だ・・・?」
だらしなく口から涎を垂らしながら、いっけいは声をあげる
「相棒の顔を忘れたか?」
自分の下半身からその声は聞こえているようだ
「ヴァージニ・・アス・・・?」
明楽流法術は血を操る。それはつまり人体を操るということ
彼らは自分自身の肉体と対話する術を持っていた
だが、彼と最も交友があり、辛い時、悲しい時、どんな時でも
彼の相談に乗ってくれたヴァージニアスはエースに殺された
だが、そのヴァージニアスの声が、いっけいの耳に届いたのだ
「今の私はガーベラゲート。いっけい、お前を助けに来たぞ」
暗黒に落ちたいっけいに、一筋の光明が刺した

いっけい伝説 覚醒する血筋
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。