クレイオス二世


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラピュタに属していたティターンに所属していたクレイオスを父に持つ騎士
普段、体色はくすんだ色をしているが、精神が高揚した時等に金色に輝く
その力は父をも凌ぐとされており、九州を容易く九つに分断する程度の力を持つ
余談だが、自力で肉体を再構成した九州は紆余曲折を得て大宮州と成るに至る
卑怯な行いを嫌い、好敵手と認めた人間とのみ全力で戦う武人
ファーストクロス セカンドクロスと呼ばれる二振りの剣を武器としており
父譲りのクライシスシザースの他に、その二振りの神剣を用いた絶剣
ゴルド・グランドクロスが最大の技

今更だが学名:Allotopus rosenbergi 日本表記黄金鬼鍬形
ローゼンベルグオウゴンオニクワガタである
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル