明楽家の事情


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幸節の父は死ぬ間際、「明楽家が代々封印している『血の鬼』を封印ではなく、殺してきてほしい」と幸節に懇願した
それに応えるため幸節は明楽家が代々血の鬼を封印しているとされる祠を訪れる
しかし、その祠の封印の先にいたのは何の変哲もない赤ん坊だった
恐らくはこの赤ん坊が『血の鬼』なのだろう
しかし、幸節にはそれを殺すことはできなかった
代わりに幸節はこの赤ん坊を引き取り、一人の『人間』として育てることで『血の鬼』を殺そうとする

子供ができなかった幸節にとってこの赤ん坊は正しく『一つの恵み』でであった
ゆえに幸節はこの赤ん坊を「一恵(いっけい)」と名付けようとするが、
父の遺言の建前、「一恵」という漢字は付けず、平仮名で「いっけい」とした
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。