人生とは働いて寝ること


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

明楽いっけいがモチベーションとしている言葉
そして父、幸節がいっけいによく聞かせていた言葉である
いっけいはこれを言葉のままの意味「人生とは働く時間と寝る時間の二つで構成される」と理解しているが
働いて寝るの「寝る」は「男女の営み」の意味で
幸節は「人間は職に就き、子供を生み育てて初めて一人前」という意味で伝えたかった
子宝に恵まれなかった幸節だからこそ、伝えたかった言葉である
だが、本当の意味を伝える前に幸節はCI-14事件で死亡してしまう
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。