ドム族・その生態


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人にきわめて近いとされているが
骨格が大きく違い、ホモサピエンスと比較すると
大柄。というかデブである
それは強固な骨格が、巨大な内臓を守るように広がるように形成されているからであり、彼女達の概念では別にデブということは
ない
また、皮膚は黒くくすんでおり、これは一種の分泌液と長年暗い森で暮らしていた事による体色変化の複合作用と思われる
政府が過去、ドム族を捕獲し骨格強制を行いスリムなエルフにしようとしたが、その途端内臓が破裂して死亡
別のケースでは成功したものの、精神に異常をきたして死亡、など
ドム族は人間体系になると即死するという結果を如実に表す事となった

好物は松の葉とバナナ。棘のついた栗を酷く恐れ、神と崇める風習が色濃く残っているが
戦士となったドム族はそれすらも乗り越える
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。