教えて天才先生 第十四話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

先生1号「教えて…天才先生!」
ママ先生「ヘイ!ビッチ!ママの出番を取るんじゃねーぜッ!」
先生1号「いやいやいやいや、ワタシは一人で大丈夫ッス!」
ママ先生「何強がってやがるんだ。ママの気を引こうとしてるのかッ!好きなのか、ママが」
先生1号「いやいやいやいや…そんな事ないッス!」
ママ先生「ビッチの気持ちはよーく分かったぜ。ママはいつでもOKだぜ?」
先生1号「いやいやいやいや…。とりあえず質問に答えるッスよー…」
ママ先生「照れてんのかい?へッ可愛いところあるじゃねぇか」
先生1号「えーっと、スコットランド粒子と、スコットランド闘気についてッスね」
ママ先生「このママを愚弄する気かァッ!」
先生1号「ひぃ…なんで怒ってるッスか?」
ママ先生「特に意味はねぇ」

先生1号「そうッスか…。で、質問何スけど…」
ママ先生「これは息子のジョンだ」
ジョン「やぁ」
先生1号「どうもッス」
ママ先生「ジョン、ママはルーツ装備が欲しい。手伝え」
ジョン「クールじゃないよ。今さらP2Gかい?仕方ないなぁ…」
ママ先生「ギャーギャーうるせェー」
ジョン「わかったよ、手伝うよ」
ママ先生「いい子だ」
ジョン「いい子さ!」
先生1号「え~…質問の回答は…」

ジョン「…ふざけんな!なんで武器がボーンシックルなんだよ!クールとかそんな次元じゃねぇ!」
ママ先生「ママのスタイルにケチをつける気かジョンッ!」
ジョン「スタイル!?スタイルだって!?HR1じゃないかッ!ママ、さてはこれが初プレイだねッ」
ママ先生「女々しく囀るんじゃねーぜッ、タマついてんのかテメェー」
ジョン「まぁいいや…ママには何かいうだけ無駄だから。まるで砂と喋ってる気分だ」
ママ先生「雄大なゴビ砂漠ってトコだぜ」
ジョン「とりあえず、ママは出来るだけ後ろに下がっててね。ミラルーツはクールなやつなんだ」
ママ先生「ママブレイク!」
ジョン「ママァーッ!何かんがえてんだ!糞の役にも立ってないんだよ!もうキャンプ地で寝ててよ!邪魔だ!もう少しで倒せた
のに!」
ママ先生「おぉ怖い。これがゲーム脳ってヤツかい。恐ろしいぜ。ブルっちまう。なぁビッチよ」
先生1号「え、あぁ…ワタシ、あんまりゲームわかんないッスよ」
ジョン「もう帰る!やってられないよ!アロンダイトとお菓子食べて寝る!」
ママ先生「おい、ジョン、ママもお菓子食うぜ」
先生1号「…また一人になったッス」

???「やれやれ、困った子らじゃ楠」
先生1号「誰ッスか?」
???「ふむ…強いていうならビーストハザード編半ばまで出番がなさそうなUMA先生じゃ」
先生1号「ご丁寧にどうもどうもッス」
UMA先生「スコットランド闘気というのは、スコットランド人が等しく持つ闘気じゃな」
先生1号「みんな持ってるッスか?」
UMA先生「左様。力をつけると、闘気も強まる。その闘気は強まるごとに、D…C…B…Aと位をあげていくのじゃ
     Sになったとき、闘気と同時に粒子が放出される。それがスコットランド粒子じゃ」
先生1号「ほうほう…なるほどッス」
UMA先生「そしてS級まで鍛え上げられた武芸者の放つ粒子の性質は、その武芸者が積み上げてきた武によって
     十人十色、千差万別の性質をもつのじゃ。故に性質までは説明しきれん楠」
先生1号「おー… そうだったッスか」
UMA先生「ん?なんじゃ汝、その弛みきった顔は。和み系とやらか楠。む。何ゆえ泣くのじゃ」
先生1号「なんだか…久しぶりに回答出来た気がして、嬉しくって、嬉しくって」
UNA先生「うむうむ。そうであったか。存分に泣くが良いぞ。よしよし…」

あかうで先生「む。あれは大ババァ先生。」
くろへび先生「フ…。きゃつがいるという事は、我らの出番はどこにもあるまい」
あかうで先生「パーティーグッズが無駄になったな」
くろへび先生「泣いてる女の子はそこにいなかった、それでいいじゃないか」
あかうで先生「あぁ、その通りだ。行くぞ。くろへび先生」
くろへび先生「承知!」
覆面先生(く…またしても…!黒いゴミ袋みたいなのと和み過ぎた…。ごめんね華…)

クリムゾンブロウ曰く「このレイプAVやらせ臭すぎて何も来るものがねぇ」
ブラックパイソン曰く「BGMとかマジ余計。棒読みなセリフいらねぇ。そこにあるのはリアリティだけでいい」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。