明楽いっけいの憂鬱夢のお告げ編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……!?お、おい、ドローテア!お前一体なにして……」
「んふ、なにって……見てわからない?騎乗位。ああん……いっけいの朝勃ちおちんぽ気持ちいいのぉ!」
「くの……あぅ!っ……動くな、早く……どけっ……!?体が……動かない……?」
「もう、吸血鬼の魔眼には金縛りの力があるって……知らなかった?ねえ、乳首もこんなに勃ってきちゃったの……ドローテアの淫乱おっぱい弄って……おっぱい無茶苦茶にしてぇ」
「なに言って……うおっ!なんで動く俺の手!?ちょ……馬鹿!やめろマイハンド!!揉むな!弄るな!持ち上げるな!!」
「あんっ……口ではそんなこと言って手もおちんちんも正直なんだから……。はぁ……あんっ……もっと、ぅん……激しくぅ……」
「ぐあっ……そんなに激しく動かれると……ああ、腰が勝手に……。くっ……やべえ、どけっ!まずい!これ以上腰降られたら……」
「っ……そのまま!そのまま中に出してっ!!いっけいのザーメン雌犬おまんこにちょうだいっ!!」
「何やってるんですかこのバカ犬!!(げしっ)」
「きゃんっ!」
「馬鹿っ!急にどかれたら……ぐああっ!!(びゅるっ!びゅるる!!)」
「ひゃうっ!!……ひ、ひどいよおにいちゃん!いきなりぶっかけるなんて……。ちゃんと……中にしてくれなきゃ(くぱぁ)」
「ああっ!わらわのザーメン!!うう……もったいない……。でも、まだ出そうではあるわね」
「お……お前ら何を……いやあぁぁぁ!!!」

という夢を見た
今朝、リアルで
~明楽いっけいの憂鬱夢のお告げ編~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。