一話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

予想していたとはいえ、ここまで抜けてきたか…
先頭を走るのは、自分を慕う少女にに酷似した少女
自分に向ってくる少女に道を譲ると、驚きの顔を浮かべる少女に
一言

「行け」

と、呟いた。その一言で我に帰った少女は、男に小さく会釈をして男の横を通り抜ける
―すれ違い様に少女を見た男は本当によく似ている。と微笑を浮かべ
そして

「通すのは娘だけだ。貴様らはここで倒れてもらう」
「貴方の相手は僕がします」

必ず隙を作ります。その瞬間貴方は彼女の元へ
そう仲間に伝えると、若い剣士は男に対峙した

「2年ぶりだな、小僧。腕は上がったか?今度は全力で行くぞ」
「2年前の僕と思うと酷い目にあいますよ」
「ほう、粒子を纏うほどに成長したか。あの男との戦いを思い出す
 …夜が近い。一気にケリをつけさせてもらうぞ」

若い剣士の周りに舞う青く光輝く粒子を見て、男はかつてのライバルの事を思い出し
魔剣をゆっくりと構え、咆哮した

紅蓮を纏う魔剣士ジークフリード
幻獣神の守護騎士ジョン・ランスロット

二人の剣聖が剣を交える時、世界は煉獄に包まれた

クリムゾンブロウ曰く「最近の電車のパイロットは意外と女多いよね」
ブラックパイソン曰く「可愛い操手見たことないけどね」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。